Rakuten infoseek

辞書

特許庁【とっきょちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特許庁
とっきょちょう
発明,実用新案意匠および商標に関する事務を行なうことをおもな任務とし,国家行政組織法および経済産業省設置法により設置された経済産業省外局。特許庁長官を長とし,内部部局として総務部,審査業務部,特許審査第1部から第4部および審判部の7部をおく。審議会としての工業所有権審議会と弁理士審査会は,機能を整理・統合し,2001年から新工業所有権審議会が設置された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とっきょ‐ちょう〔トクキヨチヤウ〕【特許庁】
経済産業省の外局の一。発明実用新案意匠および商標に関する審査・審判・登録その他の事務を行う。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とっきょちょう【特許庁】
発明,実用新案,意匠および商標という工業所有権に関する手続・運営を行う行政機関。通商産業省の外局である(通商産業省設置法36~47条)。
[沿革]
 1884年6月〈商標条例〉公布により農商務省工務局に〈商標登録所〉が設けられ,翌年4月には〈専売特許条例〉が公布され同局に〈専売特許所〉が設けられた。さらに86年2月に農商務官制の公布とともに新たに専売特許および商標登録の事務を管掌する〈専売特許局〉が設置されたのがその前身である。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とっきょちょう【特許庁】
経済産業省の外局の一。発明・実用新案・意匠および商標に関する事務を扱う。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特許庁
とっきょちょう
経済産業省の外局。発明、実用新案、意匠および商標に関する事務を行うことを主たる任務とする。具体的に特許庁がつかさどる事務は、工業所有権(産業財産権)における審査等のほか出願に関すること、工業所有権の原簿登録、特許証および登録証の交付、特許料および登録料の収納その他登録に関すること、工業所有権についての審査に関すること、工業所有権に関する審判に関することなどである。またその権限は、弁理士試験を行い、工業所有権の出願につき決定および査定し、工業所有権を登録し、工業所有権に関する審判を行うことである。これらの事務を遂行するため、総務部、審査業務部、特許審査(第一~四)部、審判部のほか、審議会として工業所有権審議会がある。なお、2001年(平成13)1月の省庁再編までは、通商産業省の外局であった。[平田和一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特許庁」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特許庁の関連情報

他サービスで検索

「特許庁」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.