Rakuten infoseek

辞書

特称【トクショウ】

デジタル大辞泉

とく‐しょう【特称】
特にそのものだけをいう呼び名。
論理学で、判断において主語の外延の一部に論及すること。→全称単称

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とくしょう【特称】
( 名 ) スル
全体の中で、特にそのものだけに用いていうこと。また、その称。「黄門」が水戸光圀みつくにをさす類。
〘論〙 命題において、主語の外延のある一部についてのみ述語が述べられること。「ある S は…である」「…なる S が存在する」の類。特称肯定・特称否定の二種がある。 → 全称単称

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とく‐しょう【特称】
〘名〙
① そのものだけにいう特別な呼び方。
※モダンガアルの研究(1927)〈片岡鉄兵〉モダン・ガールの研究「その、漠然たる一の型に対して『モダン・ガアル』といふ特称が誰かによって適用され」
② その主語のさし示す一部分についてだけあてはまる命題であること。多く、主語に「一二の」「或」などの語を冠せていう。
※致知啓蒙(1874)〈西周〉上「命題にては、明かに、全称〔 universal 〕と特称〔 particular 〕とを示すか為に、全称に、凡てのを用ひ、特称に或るを用ひ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特称」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特称の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.