Rakuten infoseek

辞書

特殊鋼【とくしゅこう】

知恵蔵

特殊鋼
少量の合金元素を添加して、様々な特性を強化した。低合金鋼ともいう。高張力鋼はハイテンとも呼ばれ、マンガンニオブバナジウムなどのレアメタルを添加して、50kg以上の高い引張強度を持たせた溶接可能な構造用鋼の総称。耐候性高張力鋼や低温用鋼が代表的で、超高層ビル、大橋、大容量液化ガスタンクを可能にした。強度150kg以上のものは特に超強力鋼と呼ばれ、深海艇、航空機着陸装置などに使われる。高速度鋼は、モリブデンタングステンを加えて、600℃付近まで硬さを持たせた高速度切削が可能な鋼でハイスとも呼ばれ、バイト、ドリル、歯科用刃物に使われる。
(徳田昌則 東北大学名誉教授 / 2007年)

出典:(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」

デジタル大辞泉

とくしゅ‐こう〔‐カウ〕【特殊鋼】
炭素鋼に、珪素マンガンニッケルクロム・銅・モリブデンコバルトなどの合金元素を加えた鋼。合金鋼。→普通鋼

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくしゅこう【特殊鋼 alloy steel】
普通鋼以外の,鉄を主成分とする合金をすべて特殊鋼という。普通鋼では主成分の鉄の中に少量の炭素C,ケイ素Si,マンガンMn,リンP,硫黄Sの五つの元素が含まれており,それらの成分量が規制されている。このうち鋼の材質を支配しているのは炭素であり,他の四つの元素は鉱石からの製銑製鋼の過程で必然的に混入する不純物である。炭素が主役を演ずるという意味で普通鋼のことを炭素鋼ともいうが,特殊鋼の場合は一般には合金鋼と呼ばれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくしゅこう【特殊鋼】
普通の炭素鋼にケイ素・マンガン・ニッケル・クロム・銅・モリブデン・コバルトなどの元素を適宜に加えた鋼。合金鋼。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特殊鋼
とくしゅこう
special steel
特別に精錬され、合金元素を添加した高級鋼で普通鋼に対する名称。古い技術では溶鉱炉(高炉)から得られる銑鉄(約4.5%の炭素を含む)を転炉または平炉中で含有炭素を酸化除去して得られた軟鋼(約0.2%の炭素を含む)が普通鋼であり、特殊鋼は改めて電気炉などで精錬を入念に行い、特別の目的のために合金元素が添加された。したがって機械構造用炭素鋼や炭素工具鋼のように合金元素をとくに添加しない機械部材あるいは工具用の鋼をも特殊鋼に含めていたが、第二次世界大戦後に製鋼技術が進歩して、特殊鋼という呼び名もほとんど用いられなくなった。以下では合金元素を添加した鋼、すなわち合金鋼について述べる。
 鋼は焼き入れると非常に硬化し、焼き戻すと靭性(じんせい)が出る。肉厚のものほど急冷ができなくなるので、徐冷しても焼きが入るように、クロム、マンガン、ケイ素、ニッケル、モリブデン、ホウ素などを添加する。ホウ素は0.002%程度の添加で顕著に焼入れ性を高める。モリブデンは約0.2%、他の合金元素は1%前後添加する。0.2%程度の炭素を含む鋼にこれらの元素を添加した鋼は高張力鋼(ハイテンhigh tensile strength steel)または低合金高張力鋼とよばれ、建造物に用いられる。0.2~0.5%炭素鋼に前記の合金元素を添加したものは機械構造用低合金鋼であるが、この鋼種は溶接が困難であるから、機械加工によって形状を整えてから熱処理されて、歯車や軸など強靭性をなによりも必要とする部材に用いられる。硬さと耐摩性をまず要求される工具鋼には、0.5%以上の炭素を含む鋼に前記の合金元素を添加すると、焼入れ性が増すのみならず、炭化タングステンや炭化モリブデンなど非常に硬い炭化物が形成されて工具としての特性が一段と向上する。また、クロム、モリブデン、タングステン、バナジウムなどを添加した合金鋼は、高温に加熱されても容易に軟化しない。この特性を利用したのが熱間工具鋼や耐熱鋼である。高速度鋼はタングステン約18%(あるいはその一部をモリブデンで置換)、クロム4%、バナジウム1%のほかにコバルトを含む高合金鋼で、高速切削をしても切れ味が落ちないドリル、バイトなどがつくられる。耐食性や耐酸化性を与えるためにはクロムの添加がきわめて有効で、12%以上30%以下のクロムを添加した鋼をステンレス鋼といい、耐食、耐熱合金として用いる。この鉄分をニッケルやコバルトで置換し、高温強さを与えるために多量のモリブデン、タングステン、バナジウム、アルミニウムなどを添加した超耐熱合金を超合金といい、ガスタービンやジェットエンジンの製造に用いる。
 通常、鋼は0.03%前後の硫黄(いおう)やリンなどの不純物を含む。これらはいずれも材質をもろくし、高級な合金鋼ほどその悪影響が強く現れるので、合金元素の添加の前にこれら不純物含有量を下げなければならない。とくに液化天然ガス貯蔵タンクのように低温で使用される材料には、リンを下げ、ニッケルを添加した低温用鋼がある。[須藤 一]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくしゅ‐こう ‥カウ【特殊鋼】
〘名〙 製鉄所で大量生産される普通鋼に対し、化学成分・製造法・熱処理などを異にし、特定の性質を強調するようにつくられた鋼。明確な定義はないが一般には合金鋼をさしていう。用途・特性により構造用特殊鋼・ばね鋼・工具鋼・高速度鋼・耐熱鋼・耐食鋼磁石鋼・不錆鋼など多くの種類がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

特殊鋼
トクシュコウ
special steel

鋼のうちで,普通鋼に対して高級な炭素鋼合金鋼の総称.普通鋼は高度の品質を要求されない用途に用いるため,鋼材の成分偏析(場所による成分濃度の相違)や非金属介在物,そのほかの欠陥もある程度は許容され,また圧延鍛錬のままあまり熱処理しないで使われる.これに対し,機械構造用鋼,ばね鋼,軸受鋼,工具鋼ステンレス鋼耐熱鋼など,用途面から高度の品質が要求される鋼では,合金元素の種類および添加量を調整するだけではなく,偏析や非金属介在物,気泡,白点,地きずなどの各種欠陥を極力少なくするように十分に管理して製造され,さらに焼入れ焼戻しなどの熱処理をほどこして,鋼の性能をよく発揮させるようにして用いられる.したがって,炭素鋼のなかでも機械構造用,あるいは工具用などの高級なものは特殊鋼に含めるのが普通である.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特殊鋼
とくしゅこう
合金鋼」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特殊鋼」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特殊鋼の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.