Rakuten infoseek

辞書

特性X線【とくせいエックスせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特性X線
とくせいエックスせん
characteristic X-ray
固有X線ともいう。X線を発する元素に特有な波長をもつX線。X線管から発生するX線は特性X線と連続X線とから成る。特性X線スペクトルには短波長側から順にK,L,M,…系列がある。各系列にはさらに α,β,… などの微細構造がある。銅では Kα1=0.154nm,Kβ2=0.138nm,Lα1=1.33nm,Lβ1=1.31nm である。特性X線の発生は原子スペクトルと同様で,高速電子の衝突によって原子の内殻電子 (エネルギー E1 ) が放出され,そこに外殻電子 (エネルギー E2 ) が落込むときに特性X線が生じる。その波長は hc/(E2E1) で与えられる ( h はプランク定数,c は光速度) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくせい‐エックスせん【特性X線】
気体や金属に高エネルギー粒子を当てると、物質の構成原子の内殻電子がはねとばされて空所ができ、この空所に外殻電子がとび移るときに放出するX線。各原子固有の線スペクトルを示すことが多い。固有X線示性X線

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特性X線
とくせいえっくすせん
各元素に固有な線スペクトルをもつX線で、固有X線ともいう。X線管などで高速の電子が陽極物質に衝突すると、特性X線と連続X線が放射される。特性X線は、物質内原子の内殻の電子が入射電子によりたたき出されてできた空孔に、外側の殻の電子が遷移して発生する。K殻に落ち込むときに放射されるX線の一群がK系列のスペクトルをつくる。同様にL系列、M系列などが続き、この順に波長が長くなる。L、M殻からK殻へ遷移するときはそれぞれKα線、Kβ線という。L、M殻などのエネルギー準位は微細構造をもつので、スペクトルはさらに近接した線に分かれる。なおKα線の強度はスペクトル中でもっとも大きいので、X線回折の実験によく使われる。
 特性X線の振動数νは、その放射にかかわる準位間のエネルギー差ΔEとボーアの振動数条件hν=ΔEの関係がある。したがってKα線の波長λKαはK、L殻の電子の束縛エネルギーをWK、WLとすれば、hc/λ=WK-WLで与えられる。またK系列のX線が放射されるためには、K殻の電子がたたき出されることが必要で、それに要する電子の最小の加速電圧VKはeVK=WKを満たし、励起電圧とよばれる。たとえば銅に対してはλ=1.54Å,VK=9.0kVである。特性X線のスペクトルは元素の原子番号に対して規則正しい関係(モーズリーの法則)があり、同一系列の特性X線の波長は原子番号が大きくなるとともに短くなる。
 物質に電子のかわりにX線やイオンを照射してもX線が発生する。X線照射の場合、特性X線だけが得られ、とくに蛍光X線とよばれる。イオン照射の場合、イオンは電子に比べて重いため制動放射はおこりにくく、連続X線の成分は少なく、ほとんど特性X線だけが生ずる。[菊田惺志]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくせい‐エックスせん【特性X線】
〘名〙 気体や金属に高エネルギーを当てると、物質の構成原子の内殻電子がはねとばされて空所ができ、その空所に外殻電子がとび移るときに放出するX線。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特性X線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特性X線の関連情報

他サービスで検索

「特性X線」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.