Rakuten infoseek

辞書

特別背任罪【とくべつはいにんざい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

特別背任罪
とくべつはいにんざい
刑法上の背任罪規定(247条)に対し,会社法(960~962条),保険業法(322,323条)などで,特定の者の背任行為について主としてその法定刑を加重することを目的として設けられた罪。たとえば会社法は,発起人取締役会計参与監査役執行役支配人,事業に関するある種類または特定の事項の委任を受けた使用人,検査役清算人などが,自己もしくは第三者利益をはかり,または株式会社に損害を加える目的で,その任務に背く行為をし,株式会社に財産上の損害を加えたときは,10年以下の懲役もしくは 1000万円以下の罰金に処する旨を規定する(960条)。また,懲役と罰金の併科も認めている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とくべつ‐はいにんざい【特別背任罪】
株式会社役員などが、自己もしくは第三者の利益のために会社に損害を加える罪。会社法罰則に含まれており、刑法背任罪に対していう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とくべつはいにんざい【特別背任罪】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とくべつはいにんざい【特別背任罪】
会社法・保険業法上、取締役や監査役などの役職者によりなされる背任罪。刑法上の背任罪より重く処罰される。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

特別背任罪
とくべつはいにんざい
会社法上の犯罪で、刑法第247条の背任罪に対する特別罪。株式会社の発起人、取締役、監査役または執行役等が、自己もしくは第三者の利益を図り、または株式会社に損害を加える目的で、その任務に背く行為をし、当該株式会社に財産上の損害を加えたときは、10年以下の懲役もしくは1000万円以下の罰金に処し、またはこれを併科される(会社法960条)。また、代表社債権者または決議執行者が、同様の行為によって社債権者に財産的な損害を加えたときは、5年以下の懲役もしくは500万円以下の罰金に処し、またはこれを併科される(同法961条)。さらに、これらの罪の未遂罪も処罰される(同法962条)。これらの罪において任務違背とは、法令、定款、内規等に違反する場合はもとより、実質的にみてその任務に背く場合をいう。ただし、任務違背行為があっても、株式会社や社債権者の利益を図るためなされた場合には、本罪の目的を欠くから本罪は成立しない。[名和鐵郎]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とくべつ‐はいにんざい【特別背任罪】
〘名〙 刑法に規定されている背任罪に対して、商法などに規定されている背任罪をいう。たとえば、発起人、取締役、監査役などが、自分または第三者の利益を図って、任務にそむき、会社に財産上の損害を与える場合などに成立し、普通の背任罪よりも重く処罰される。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

特別背任罪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

特別背任罪の関連情報

関連キーワード

卑弥呼パルティア高浜(市)オマーンの要覧新潟県の要覧原子量一覧/元素名順イノシトール国権の最高機関唯一の立法機関労働審判

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.