Rakuten infoseek

辞書

物部・武士【もののふ】

精選版 日本国語大辞典

もの‐の‐ふ【物部・武士】
〘名〙
① (物部) 令制前、大王に仕えた諸集団。大王に奉仕したさまざまな人々。つかさどる職分によって集団が分かれていて、それら集団の総称として用いられていた。
※古事記(712)下・歌謡「物部(もののふ)の 我が夫子(せこ)が 取り佩ける 太刀の手上に 丹画き著け」
② 武勇をもって主君に仕え戦場で戦う人。武人。武者。戦士。つわもの。もののべ。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「もののふの寝しづまるをうかがひて」
※平家(13C前)二「たけきもののふ共もみな袖をぞぬらしける」
[補注]「もの」は兵器の意かというが明らかでなく、「ふ」も未詳だが、上代、軍事警察の任に当たった「もののべ(物部)」と関係の深い語と考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物部・武士」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物部・武士の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.