Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

物語文学【ものがたりぶんがく】

世界大百科事典 第2版

ものがたりぶんがく【物語文学】
日本文学史の用語。あらゆる民族,あらゆる時代がそれぞれ物語をもつ。神話叙事詩昔話や小説,これらはみな物語にぞくする。も物語をふくむ。そして近ごろはその機能や構造を分析しようとする〈物語学(ナラトロジー)〉までとなえられており,この気運は今後さらに高まってゆく可能性がある。ここにいう物語文学も,こうした広い意味での物語の一つの特殊な形態と考えていい。〈物語の出で来はじめの〉(《源氏物語》)なる《竹取物語》以下,平安中期から鎌倉時代にかけて作られ,おもに貴族の間でもてはやされた物語冊子の類を,日本文学史ではとくに物語文学と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

物語文学
ものがたりぶんがく

平安時代から鎌倉時代にかけて盛行した、仮名散文による虚構の創作文学の総称。その起源は、古代の氏族社会における氏族氏族の始祖の神々の事跡を語る神聖な古言(ふるごと)であった。古代国家の形成過程において、氏族の祭祀(さいし)基盤の崩壊に伴い、民間に流伝する口誦(こうしょう)の文芸と化したが、その語り口は約束事として強固に保持され、語り手と聞き手とによって共有される語りの場において、時代・社会の推移変容に伴う新しい生活感情や思考を託す器となった。平安時代になって都市生活の形成とともに個人意識が成熟し、中国における六朝(りくちょう)から隋唐(ずいとう)にかけてつくられた伝奇小説の受容、仮名文字の普及による散文の発達などの諸条件のもとに、この口誦の物語の趣向・筋立てを材とする虚構の物語文学が発生することになった。

 物語の祖といわれる『竹取物語』は明確な主題のもとに新しい人間の息吹が注ぎ込まれた名作であるが、その世界が先行のさまざまの伝承の話型の組合せによって枠どりされていることは注目すべきであろう。日本民族が培ってきた伝統的な心性をくみ上げつつ現実の人間が抱える問題を照らし出したのである。『竹取物語』から『うつほ物語』『落窪物語(おちくぼものがたり)』を経て『源氏物語』へと展開する物語文学の推移は、伝奇的枠組みを利用しつつ、これを超克する過程であったが、その間には、『古今集』の成立以後貴族社会でもてはやされた歌語り、すなわち和歌の詠作にまつわる口誦説話を母胎とする『伊勢物語(いせものがたり)』『平中物語(へいちゅうものがたり)』『大和物語(やまとものがたり)』などの歌物語、あるいはまた『土佐日記』に始まり、女性作家によって引き継がれた『蜻蛉日記(かげろうにっき)』ほかの、いわゆる女流日記文学によって、それぞれに叙情的な人間解放、内面的な人生観照の方法が確立していた。『源氏物語』は、それら先行の諸文学の遺産を総収しつつ、貴族社会の現実を全的に照らし出す巨大な長編物語として傑出している。

 以後『浜松中納言物語(はままつちゅうなごんものがたり)』『夜(よる)の寝覚(ねざめ)』『狭衣物語(さごろもものがたり)』などの長編が追随した。また『堤中納言物語(つつみちゅうなごんものがたり)』のごとき10編の短編物語集も現存している。およそ『源氏物語』の影響を濃密に被りながら、それぞれに新趣向を打ち出そうとするものであった。平安時代から鎌倉時代にかけてつくられた物語作品は無数であり、現存するものは秀逸であるがゆえに後世に伝えられたのであろう。『とりかへばや物語』『住吉物語(すみよしものがたり)』など、平安時代の原作に基づいて改作された作品をはじめ、鎌倉時代以降『石清水物語(いわしみずものがたり)』『松浦宮物語(まつらのみやものがたり)』『苔(こけ)の衣(ころも)』『いはでしのぶ』『風につれなき』『浅茅(あさじ)が露』『わが身にたどる姫君』等々があり、これらは擬古物語と総称されている。すでに武士政権の時代であるが、そうした現実を遮断し、総じて『源氏物語』や『狭衣物語』などの世界を憧憬(しょうけい)し模倣することに汲々(きゅうきゅう)たる擬古物語は、一途(いちず)に衰退の道を歩んだといえよう。やがて室町時代の新しい読者層に迎えられた、いわゆる御伽草子(おとぎぞうし)にとってかわられることになる。

[秋山 虔]

『三谷栄一著『物語史の研究』(1967・有精堂出版)』『三谷栄一著『物語文学の世界』(1975・有精堂出版)』『『古代文学の発生』(『風巻景次郎全集3』所収・1969・桜楓社)』『『池田亀鑑選集 物語文学Ⅰ・Ⅱ』(1968・至文堂)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版

物語文学
ものがたりぶんがく
平安時代,貴族社会の成熟仮名発達つれ,飛躍的に発展した散文文学の一ジャンル
『竹取物語』に始まる伝奇的要素の強いものと,『伊勢物語』のように和歌の詞書から発展した歌物語の2系統が,『宇津保物語』『落窪物語』としだいに現実生活に密着したものとなり,『源氏物語』に至って完成した。その後も『狭衣 (さごろも) 物語』以下の擬古物語が書かれたが,やがて武士勢力の成長を背景として,軍記物・説話文学などに分化した。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物語文学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物語文学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.