Rakuten infoseek

辞書

物理光学【ぶつりこうがく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

物理光学
ぶつりこうがく
physical optics
波動光学ともいう。波動として扱い,光波の伝搬,干渉,回折,分散,散乱,反射強度,光の放射と吸収など,光の本性や光と物質との相互作用などを論じる光学の分野。光学現象はすべて物理光学の研究対象といえるが,光を光線とみなせる現象では幾何光学で論じるのが簡便である。結晶内での光波の伝搬に関係した複屈折偏光,旋光性などを研究するものを結晶光学,電磁波である光波に及ぼす電場や磁場の効果および光の放射や吸収などの光学現象をマクスウェル方程式を用いて論じるものを電磁光学という。光のスペクトルから原子分子の構造を研究する分光学量子論の発展に大きく寄与し,量子力学的考察により物質の光学的性質を研究する光物性学を開発した。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぶつり‐こうがく〔‐クワウガク〕【物理光学】
光学現象を光の波動論の立場から取り扱う物理学の一部門

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぶつりこうがく【物理光学】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぶつりこうがく【物理光学】
光の波動性が本質的な役割を果たす光の干渉・回折などの現象および物質の光学的性質を対象とする物理学の部門。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶつり‐こうがく ‥クヮウガク【物理光学】
〘名〙 物理学の一部門。光の波動性に基づく干渉・回折・偏光などの諸現象を研究する学問。幾何光学に対していう。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物理光学」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物理光学の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.