Rakuten infoseek

辞書

物情【ブツジョウ】

デジタル大辞泉

ぶつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【物情】
物のようす・性質。
世人の心情。世間のありさま。「物情騒然」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶつじょう【物情】
世間の様子。人々の心。 「 -平穏」
物のありさま。物事の状態。 「家譜を披き、詳に-を案ず/本朝文粋」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶつ‐じょう ‥ジャウ【物情】
〘名〙
の有様。物事の状態。
※文華秀麗集(818)下・江上船〈仲雄王〉「為物情相怨、乗吹遙度浪中天」 〔舒元輿‐牡丹賦〕
② 世間の有様。世人の心情。人心。
※古梓堂所蔵文書‐延長七年(929)七月一四日・伊勢国飯野荘太神宮勘注「方今案物情、東寺者本公験灼然之上、常領及八十九歳也」
※東巡録(1876)〈金井之恭〉四「要は物情平穏に属するを見るのみ」 〔後漢書‐爰延伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物情の関連情報

他サービスで検索

「物情」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.