Rakuten infoseek

辞書

物体【ブッタイ】

デジタル大辞泉

ぶっ‐たい【物体】
空間的な大きさ・形をもつときの物質

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぶったい【物体】
具体的な形をもって空間に存在しているもの。物もの。 「未確認飛行-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

物体
ぶったい
body
質量をもち定まった空間的な大きさと形をもつものをいう。しばしばそれのもつ物質的種類は捨象される。力学で物体というときは、このようなものとして使われる。まれには物質と同義に使われることもあるが、物質は第一には総体的な概念であって、「物質と精神」とか「物質と時間」とかというように使われるが、物体はそのようには使われない。第二には、物質は物質の質的差別に注意して使われる。太陽にどのような物質が存在するかという問いは、その中にどのような元素が存在するかという問いとほぼ同じである。これとは違って、太陽はいかなる物体かという問いは、まず大きさ、形、質量、そして場合によっては温度などの状態量を問おうとしているのである。
 力学では、物体から変形する性質を捨象したものが剛体で、それから大きさと形を捨象したものが質点である。[宮原将平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぶっ‐たい【物体】
〘名〙
① 具体的な形をもって存在しているもの。物質が集合してある形体をなしている物。
暦象新書(1798‐1802)上「反照の光は淡薄なるが故に、物体微小なる時は、覚知すること能ざる也」
② 哲学で、三次元的な空間的形成物。空間を占めるもの。哲学体系によってさまざまに解釈され、たとえば、認識的実在論では意識から独立した存在をさし、客観的現象論では形而上学的自体存在が現象したものをさす。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.