Rakuten infoseek

辞書

物の数【モノノカズ】

デジタル大辞泉

もの‐の‐かず【物の数】
(多く打消しの語を伴って用いる)数えたてるほど価値のあるもの。問題にすべきもの。「寒さなど物の数ではない」「物の数とも思わない」
人や物を順々に数え上げる数。
「下﨟(げらふ)は四五百千までこそ―をば知りて候へども」〈平家・五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

もののかず【物の数】
特に取り立てて言うほどのもの。注目に値する物事。多く下に打ち消しの語を伴う。 「これ位の雨は-ではない」 「私などは-に入らない」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もの【物】 の 数(かず)
① 人や物を順々に数え上げる数。
※平家(13C前)五「下臈は四五百千までこそ物のかずをば知て候へども」
② 取り上げて数え立てるほどのもの。問題にすべきもの。意に介すべきほどのもの。多く打消の語を伴って用いる。
※源氏(1001‐14頃)野分「いかで東の御方、さるもののかすにて立ち並び給つらむ」
※読本・椿説弓張月(1807‐11)前「力はむかしに劣れども、なほ水牛をも屑(モノノカズ)と思はず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

物の数」の用語解説はコトバンクが提供しています。

物の数の関連情報

他サービスで検索

「物の数」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.