Rakuten infoseek

辞書

【まき】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


まき
新潟県南西部,上越市南東部の旧村域。東頸城丘陵の西側に位置し,南は長野県に接する。 1954年沖見村と合体。 2005年上越市に編入。明治中期に最盛期であった越後古油田の一つがある。主産業は農業で,棚田での米作,野菜栽培,および畜産が行なわれる。細縄は特産。地すべりでも知られる。宮口古墳群水科古墳群 (ともに国指定史跡) ,鷹羽温泉がある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。


まき
牛馬などを放し飼いにする土地をいう。牧場古名。日本の牧畜は上古にさかのぼるが,大化改新 (645) 以降,軍馬駅馬,農耕用牛馬の管理も厳密に規定されるようになり,その飼育の場である牧場も国家による制度化が行われた。醍醐天皇は『延喜式』によって,皇室の料馬を供給させるための御牧兵部省に管轄させる諸国牧,左右馬寮所管の近都牧を指定させ,御牧の年貢馬は信濃 80,甲斐 60,武蔵,上野各 50と定めた。その後,律令国家の解体とともに官牧は衰退したが,それに代り各地に私牧が設置されていった。江戸時代に入ると8代将軍徳川吉宗は下総小金,佐倉に公牧を開き,諸藩のなかでも南部藩の牧馬,松江藩の牧牛などが行われた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

うま‐き【牧/馬城】
まき(牧)」に同じ。むまき
「多(さは)に―を置きて馬を放つ」〈天智紀〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく【牧】[漢字項目]
[音]ボク(漢) [訓]まき
学習漢字]4年
〈ボク〉
家畜を放し飼いにする。「牧歌牧場牧草牧畜牧童牧羊耕牧放牧遊牧
人々を治め導く。「牧師牧民
役人。地方長官。「州牧」
〈まき〉「牧場

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まき【牧】
《「馬城(まき)」の意。「城」は物を収めておく所》牛・馬などを放し飼いにする場所。牧場。まきば。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むま‐き【牧/城】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

まき【牧】
馬や牛を放し飼うために区画された地域。《和名抄》に〈むまき〉とみえ,この訓は〈馬城〉あるいは〈馬置〉の意といい,馬飼の音のつまったものともいう。《日本書紀》天智7年(668)7月の〈多(さわ)に牧(むまき)を置きて馬を放つ〉の記事を初見とするが,以前から各地に牧が置かれていたことは確かである。
[古代の公牧]
 牧には公牧と私牧とがあるが,律令制の整備につれて公牧の制度は急速に整い,《続日本紀》慶雲4年(707)3月条に〈(てつ)の印を摂津,伊勢等23国に給いて牧の駒,(こうし)に印せしむ〉とみえる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

まき【牧】
〔馬城まきの意〕
牛馬を放し飼いにするところ。まきば。牧場。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

まき【牧】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔岐阜県〕牧(まき)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼく【牧】
〘名〙
① 牛や馬などを放し飼いにする場所。まき。まきば。牧場。〔孟子‐公孫丑・下〕
② 牛や馬などを飼う人。うしかい。うまかい。〔春秋左伝‐昭公七年〕
③ 牛や馬などを飼うこと。また、その牛や馬。牧畜。
※大唐西域記長寛元年点(1163)一「毳帳穹廬にして鳥のごとくに居て牧(ホク)を逐ふ」 〔書経‐禹貢〕
④ 養うこと。養い導くこと。〔広雅‐釈詁一〕
⑤ 古代中国の九州の長官。転じて、地方長官。また、地方官。役人。〔書経‐立政〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐・す【牧】
〘他サ変〙 ⇒ぼくする(牧)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぼく‐・する【牧】
〘他サ変〙 ぼく・す 〘他サ変〙
① やしないおさめる。また、管理、運営する。
※文明論之概略(1875)〈福沢諭吉〉六「今の人民は鎌倉以来封建の君に牧せられたるものなれば」
② 牛馬など家畜類を放し飼いにしてふやす。飼う。
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉七「少時羊を牧するを以て業と為しが」
③ 処理する。しまつする。
※孤山先生遺稿(1816)牧牛詞「洒水牧泥土、折楊払蚊虻

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ま‐き【牧】
〘名〙 (馬城(まき)の意) 牛・馬などを放し飼いにする場所。まきば。ぼくじょう。ぼく。
狭衣物語(1069‐77頃か)三「人人、あまたありける限り重なりて、衣の裾をおのおのふまへつつ、すきすきに倒れ伏したるは、まきの馬の心地ぞしたりける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牧の関連情報

他サービスで検索

「牧」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.