Rakuten infoseek

辞書

牧羊犬【ぼくようけん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

牧羊犬
ぼくようけん
sheepdog
ヒツジの犬,または牧羊者を助けるイヌ。朝牧舎からヒツジ群れ牧場に連れ出し,終日その番をし,夕方に牧舎に連れ戻す作業をする。その代表的なものはスコットランドコリー,ドイツのシェパード,フランスのブリアールなど。普通ヒツジ 50頭に牧羊犬1頭が必要とされている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ぼくよう‐けん〔ボクヤウ‐〕【牧羊犬】
放牧中の羊の群れの番や誘導をする犬。コリーシェパードなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ぼくようけん【牧羊犬】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ぼくようけん【牧羊犬】
牧場で放牧中の羊の見張りをするように訓練された犬。その歴史は古く、4000年前に遡さかのぼるといわれ、ヨーロッパ各地で種々の品種が作られた。コリー・シェパード・シェトランドシープドッグなど。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

牧羊犬
ぼくようけん
牧羊作業に従事し、ヒツジの盗難や外敵を防ぎ、迷い出るヒツジを群れに連れ戻したり、群れを護送する役目の作業犬をいう。イヌが人間とともに暮らすようになり、時間が経過するにつれて、イヌの能力はさまざまな方面に活用されるようになった。このうち、牧羊犬の発祥時期はかなり古い。紀元前4300年ごろのトルキスタンや、古代エジプトからも、ヒツジの骨とともにイヌの骨が出土するが、まだこの時代はヒツジの群れをまとめるというよりは、盗難防止の役目をしていたのではないかと思われる。本格的な牧羊犬の登場は、人々が定住し、ヒツジから得られる産物が人々の暮らしに重きをなすようになった青銅器時代に入ってからのようである。前2500年ごろの後期湖上住居時代から家畜の飼育は盛んになったようで、現在の牧羊犬種の祖先型のものが出土する。
 牧羊犬は従来、作業犬のなかに含まれていたが、アメリカン・ケネル・クラブは1983年から、牧羊牧畜犬グループを独立させた。それに含まれるものには、オーストラリアンキャトルドッグ、ベアデッドコリー、ベルジャンマリノア、ベルジャンシープドッグ、ベルジャンテルビュラン、ブービエ・デ・フランドル、ブリアール、コリー、ドイツシェパード犬、オールドイングリッシュシープドッグ、プリ、シェトランドシープドッグ、コーギなどがある。[増井光子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぼくよう‐けん ボクヤウ‥【牧羊犬】
〘名〙 牧場で羊の番をする犬。放牧中の羊の保護・誘導をするように訓練された犬。護羊犬

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

牧羊犬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牧羊犬の関連情報

他サービスで検索

「牧羊犬」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.