Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

【ちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ちょう
律令制下,主典 (さかん) 以上の官吏役所に申達する際に用いる文書および役所と寺院関係機関との間で取りかわす文書の様式と規定されていたが,役所と寺院関係との間および上下支配関係の明確でない役所間で多く用いられた。太政官牒,蔵人所牒,社寺牒などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう〔テフ〕【×牒】
文字を書き記す札。簡札。
律令時代公文書の形式の一。主典(さかん)以上の官人が諸司に出すもの。また、所属系統の異なる官庁や機関の間で交わす文書。
文書による通告。また、その文書。
「各兵を出して―を通はす」〈今昔・二五・三〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【牒】[漢字項目]
人名用漢字] [音]チョウ(テフ)(漢)
書き付け。書きもの。「牒送移牒通牒度牒符牒

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょう【牒】
文書様式の一つ。(1)公式令では上申文書の一形式として,律令制官人の主典(四等官制の四等官)以上の者が諸官司に上申する場合に用いるものとして,牒を定めた。たとえば欠勤するときに届けでる仮文(けもん)もこの様式によった。はじめ高位高官の者でも自筆で書くべきものであったが,804年(延暦23)9月23日の官符によって,四品以上の親王内親王および三位以上の職事官は家司の書いたものでも認められるようになり,家牒を成立させた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)


ちょう

古文書の一様式。直接の上下関係にない機関と機関の間で取り交わされる。養老公式令(ようろうくしきりょう)は、〔1〕主典(さかん)以上の官人個々が諸司に差し出す場合、〔2〕僧綱(そうごう)・三綱(さんごう)などの寺院機関と諸司の間で用いる場合、の二つを用法としてあげているが、律令制の文書システムにおいては、牒は傍流の存在であった。しかし、律令制解体期において、蔵人所(くろうどどころ)や検非違使庁(けびいしのちょう)などの令外官司(りょうげのかんし)や貴族の家政機関が活発に「蔵人所牒」「家牒」などを発給し、文書様式としての牒の位置は増大した。このため、中世に入っても牒の利用例は多く、記録所牒、雑訴決断所(ざっそけつだんしょ)牒から、在地の荘園政所(しょうえんまんどころ)の牒まで、さまざまな例が残されている。これは、牒が、官僚制的上下関係の不明瞭(めいりょう)な中世社会に適合的であったためといえよう。

[保立道久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょう テフ【牒】
〘名〙 (「ぢょう」とも)
① 文書を書きつけるうすい木のふだ。また、そのかきつけ。ふつうの紙に書くかきつけをいうこともある。簡札。
※日蓮遺文‐報恩抄(1276)「最澄上人は六宗の人々の所立一々牒を取りて」 〔春秋左伝‐昭公二五年〕
② 古文書の様式の一つ。互いに所管・被管関係のない官司、または官司に準ずる所の間でとりかわす文書。太政官と寺社の間の太政官牒(略して官牒)は牒の代表的なものである。ふつう太政官牒を典型とし、これに準ずる様式の図牒・符牒、あるいは家牒・院庁牒・女院庁牒・蔵人所牒・検非違使庁牒・雑訴決断所牒などの相互文書を広く牒と総称している。〔令義解(718)〕
③ 文書で通告すること。また、その文書やその使い。
※今昔(1120頃か)二五「各(おのおの)(つはもの)を出して牒を通はす。其兵の返る時に、定れる事にて箭(や)を射懸(かけ)ける也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・ず テフ‥【牒】
〘自サ変〙
① 牒②を出す。相手方へ牒を送る。
※続日本紀‐養老二年(718)一〇月庚午「亦録名臈、挙而牒之」
② 牒②の書出文言および書留文言。
※平家(13C前)四「園城寺牒す、延暦寺の衙。殊に合力をいたして、当寺の破滅を助られんとおもふ状」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社日本史事典 三訂版


ちょう
古代,官庁間の公文書の一形式
直接の上下関係がない官庁の間,または官庁に準ずるところから官庁でないところへ出す文書などに用いられた。主典 (さかん) 以上のものが官庁に出す公文書も牒という。

出典:旺文社日本史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
金澤利明 竹内秀一 藤野雅己 牧内利之 真中幹夫
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

牒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.