Rakuten infoseek

辞書

【カタ】

デジタル大辞泉

かた【片】
[名]一対のもの、二つで一組のものの一方。片方。片一方。「や横綱、や平幕の対戦」
[語素]名詞または動詞の上に付いて、複合語をつくる。
一対となるものの一方、一方だけ、の意を表す。「親」「面」「思い」
不完全な、整っていない、の意を表す。「言(こと)」「仮名」
かたよる、一方に偏した、の意を表す。「田舎」「意地」
わずかな、少ない、の意を表す。「時(とき)」「手間」
しきりに、ひたすら、の意を表す。
「鶯は今は鳴かむと―待てば霞たなびき月は経につつ」〈・四〇三〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ひら【片/枚】
《「平(ひら)」と同語源》
[名]紙・葉・花弁など、薄くて平らなもの。
「白き赤きなど掲焉(けちえん)なる―は」〈・梅枝〉
[接尾]助数詞。薄くて平らなものを数えるのに用いる。「一―のバラの花弁

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

びら【片/枚】
広告・宣伝のために、人目につく所に掲げるはり紙。ポスター。
広告宣伝のために人に配る紙片ちらし。「―をまく」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん【片】
[接尾]助数詞。物の切れはし、花びらなどを数えるのに用いる。上に来る語によっては「ぺん」となる。「二、三花びら

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん【片】[漢字項目]
[音]ヘン(呉)(漢) [訓]かた ひら ペンス
学習漢字]6年
〈ヘン〉
二つのうちの一方。「片務片麻痺(へんまひ)
薄く小さな切れ端。「片雲花片砕片紙片切片雪片断片肉片破片薄片木片
わずか。少し。「片時片言隻句
〈かた〉「片側片言(かたこと)片隅片方

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぺん【片】
[接尾]へん(片)」に同じ。「一の雲」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペンス(pence)
ペニーの複数形。
[補説]「片」とも書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かた【片】
( 接頭 )
〔「かた(方)」と同源〕
名詞に付く。
二つそろったものの一方の意を表す。 「 -親」 「 -思い」 「 -敷く」
すくない、わずかである意を表す。 「 -時」
完全でない意を表す。 「 -言こと
中心より離れ、一方に寄っている、へんぴである意を表す。 「 -田舎」 「 -山里」
〔上代の用法〕 動詞に付いて、ひたすらそれをするさまを表す。 「 -待つ」 「 -設く」 → 片や
[句項目] 片が付く 片を付ける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん【片】
( 接尾 )
〔促音・撥音のあとに付くときは「ぺん」となる〕
助数詞。物の切れはし、花びらなどを数えるのに用いる。 「牡丹散て打かさなりぬ二三-/蕪村句集」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた【片】
〘語素〙 名詞や動詞の上に付いて、片方の、かたよった、などのを表わす。
① 名詞の上に付いて、一対のものの一方、一組になっているものの一部の意を表わす。「片恋」「片手」「片われ」
② 名詞の上に付いて、不完全な、整っていない、少しの、などの意を表わす。「片山」「片岡」「片時」「片生(かたおい)
③ 名詞の上に付いて、一方に偏した、かたよった、の意を表わす。「片田舎」「片淵」
④ 主として動詞の上に付いて、しきりに、ひたすら、の意を表わす。「片待つ」
※書紀(720)仁徳二二年正月・歌謡「朝妻(あさづま)の 避介(ひか)の小坂を 介多(カタ)泣きに 道行く者も 偶(たぐ)ひてぞ良き」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた・す【片】
〘他サ五(四)〙
① 他の場所へ移し変えたり、散らかったものを一つ所にまとめたりしてきれいにする。かたづける。
※歌舞伎・三千世界商往来(1772)四幕「毀(こは)れかかったやうな内に結構な着物を着て、とんと雪隠で雛祭りするやうな。そこを思へば片すか」
※助左衛門四代記(1963)〈有吉佐和子〉序「水仕事(たのもと)をして、文右衛門の食器を片(カタ)すのは」
② 植木を仮植えにする。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん【片】
〘接尾〙 (「ぺん」とも) 物の切れはし、かけら、花びらなどを数えるのに用いる。
※忠義水滸伝解(1755)二五回「片白絹 一片ノ白絹也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片の関連情報

他サービスで検索

「片」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.