Rakuten infoseek

辞書

片陰【カタカゲ】

デジタル大辞泉

かた‐かげ【片陰】
陰になっている所。物陰。
「高い用水桶の―から中を覗いて」〈秋声・足迹〉
日陰。特に、夏の午後に家並みなどの片側にできる日陰。 夏》「―をもとめてすでに海の風/汀女

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かたかげ【片陰】
日陰。特に夏の夕方の日陰。 [季] 夏。
何かに隠されて、ある方角からは見えない所。物かげ。 -へ呼んで、紙に包んだ物を手に握らせて/雁 鷗外

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐かげ【片陰】
〘名〙
① 一方にかたよっている物陰。一方が物の陰になっている所。
※蜻蛉(974頃)下「山ちかう河原かたかげなるところに」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉七「世話をする婆あさんを片蔭(カタカゲ)へ呼んで」
② 日光の当たらない所。日陰。また、夕方、日陰が広い範囲にできること。俳句では炎暑の午後の日陰をさして、季語として用いる。かたかげり。《季・夏》
※虎清本狂言・猿座頭(室町末‐近世初)「どこもとなりとも、かたかげのよささうな所にいたいの」
※炎昼(1938)〈山口誓子〉「片蔭に囚徒青竹を挽きゐたり」
③ 人の目のとどかないところ。かげ。かたすみ。
※仮名草子・清水物語(1638)上「君たる人めのまへのたちまはりだによければ、かたかけにては牛馬のくびをきり、おや子知音(ちいん)の物をぬすみ」
[補注]②が季語として意識され始めたのは、大正以後、高浜虚子以後とされる。それまでの「夏陰」に代わって、「片陰」「片かげり」が季語として多く用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片陰」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片陰の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.