Rakuten infoseek

辞書

片設【かたまく】

精選版 日本国語大辞典

かた‐ま・く【片設】
〘自カ下二〙
① 季節や時が来るのが待たれる。心から待ち受ける気持になる。また、時が移ってある時期になる。ある時節が近づく。
万葉(8C後)五・八三八「梅の花散り乱(まが)ひたる岡傍(おかび)には鶯鳴くも春加多麻気(カタマケ)て」
② ある事にいちずに心を寄せる。傾注する。
※万葉(8C後)一三・三二五五「夏麻引く 命方貯(かたまけ) 刈薦(かりこも)の 心もしのに 人知れず もとなそ恋ふる 気(いき)の緒にして」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片設」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片設の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.