Rakuten infoseek

辞書

片時【カタトキ】

デジタル大辞泉

かた‐とき【片時】
一時(ひととき)の半分の》ほんのしばらくの間。ちょっとの間。へんじ。「片時も目が離せない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん‐じ【片時】
《古くは「へんし」》ちょっとの間。わずかな時間。かたとき。「片時も心が休まらない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

かたとき【片時】
一時いつときの半分の意
ほんのわずかな時間。一瞬。へんじ。
[句項目] 片時去らず

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へんじ【片時】
古くはへんし
ほんのわずかな時間。かたとき。 -も安き心は無く/義血俠血 鏡花

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐とき【片時】
〘名〙 (「かたどき」とも) 一時(ひととき)の半分。わずかの間。ちょっとの間。へんじ。
※竹取(9C末‐10C初)「物思ひには、かた時になん、老いになりにけりと見ゆ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「今はましてかたときのまもおぼつかなかるべし」
※落語・佃祭(1895)〈四代目橘家円喬〉「(カタドキ)も貴方様のことは忘れやア致しません」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

へん‐じ【片時】
〘名〙 (古くは「へんし」) すこしの間。ちょっとの間。しばし。暫時。かたとき。
※万葉(8C後)五・八一一左詞文「敬奉徳音、幸甚幸甚、片時覚、即感於夢言慨然不止黙、故附公使聊以進御耳」
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)上「我にへんしのいとまをたべ」 〔江総‐閨怨篇〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片時」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片時の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.