Rakuten infoseek

辞書

片仮名【かたかな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

片仮名
かたかな
かなの一つ。ひらがなと同じく,漢字が,万葉がなというかなとしての用法を経て変化してできたもの。ひらがながその草体化によって生れたのに対し,片仮名はその略体化によって生れた。平安時代に漢文訓読に万葉がなを用いたが,訓を簡潔にすばやく注記する必要から生じた。初め仏徒の間で散発的に発生したものらしく,次第に学系ごとにまとまりをもち,平安後期にかけて社会的にも統一化の方向に進んでいった。 1900年になって字体が1つに定められ,異体がなはほとんど用いられなくなった。今日,擬声語・擬態語,外来語,俗語,発音などの表記にもに用いられているが,これは,訓読の覚え書という発生時の性格を反映している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かた‐かな【片仮名】
《「かた」は不完全の意で、漢字の一部分を用いるところから》万葉仮名として用いた漢字の偏(へん)旁(つくり)冠(かんむり)脚(あし)など、その一部を取って作り出された音節文字。「阿→ア」「伊→イ」「宇→ウ」の類。平安時代に訓点が用いられるようになってから、その記入用として発達したが、現在では、主に外国語や擬声語擬態語などの表記に用いる。大和仮名五十音仮名。かたかんな。 →平仮名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐かんな【片仮名】
《「かんな」は「かりな」の音変化》「かたかな」に同じ。
「一には―、一は葦手」〈宇津保・蔵開中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたかな【片仮名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたかな【片仮名】
〔「かたかんな」の転。「かた」は不完全の意。多く漢字の画の一部分より作られたのでこの名がある〕
仮名の一種。万葉仮名として用いられた漢字の一部分、あるいは画数の少ない漢字の全画より作られた音節文字。平安初期、漢文訓読に用いられたものが起源。1900年(明治33)の「小学校令施行規則」改正で種々の異字体を廃し現行字体に統一された。現在は主に外来語・擬声語・擬態語などの表記に用いられる。大和やまと仮名。五十音仮名。略体仮名。 → 仮名平仮名

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かたかんな【片仮名】
かたかな」に同じ。 「一には-、ひとつは葦手/宇津保 蔵開中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

片仮名
かたかな

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片仮名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片仮名の関連情報

他サービスで検索

「片仮名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.