Rakuten infoseek

辞書

片仮名【かたかな】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

片仮名
かたかな
かなの一つひらがなと同じく,漢字が,万葉がなというかなとしての用法を経て変化してできたもの。ひらがながその草体化によって生れたのに対し,片仮名はその略体化によって生れた。平安時代に漢文訓読に万葉がなを用いたが,訓を簡潔にすばやく注記する必要から生じた。初め仏徒の間で散発的に発生したものらしく,次第に学系ごとにまとまりをもち,平安後期にかけて社会的にも統一化の方向に進んでいった。 1900年になって字体が1つに定められ,異体がなはほとんど用いられなくなった。今日,擬声語・擬態語,外来語,俗語,発音などの表記にもに用いられているが,これは,訓読の覚え書という発生時の性格を反映している。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かた‐かな【片仮名】
《「かた」は不完全の意で、漢字の一部分を用いるところから》万葉仮名として用いた漢字の偏(へん)旁(つくり)冠(かんむり)脚(あし)など、その一部を取って作り出された音節文字。「阿→ア」「伊→イ」「宇→ウ」の類。平安時代に訓点が用いられるようになってから、その記入用として発達したが、現在では、主に外国語や擬声語擬態語などの表記に用いる。大和仮名五十音仮名。かたかんな。 →平仮名

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐かんな【片仮名】
《「かんな」は「かりな」の音変化》「かたかな」に同じ。
「一には―、一は葦手」〈宇津保・蔵開中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたかな【片仮名】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたかな【片仮名】
〔「かたかんな」の転。「かた」は不完全の意。多く漢字の画の一部分より作られたのでこの名がある〕
仮名の一種。万葉仮名として用いられた漢字の一部分、あるいは画数の少ない漢字の全画より作られた音節文字。平安初期、漢文訓読に用いられたものが起源。1900年(明治33)の「小学校令施行規則」改正で種々の異字体を廃し現行字体に統一された。現在は主に外来語・擬声語・擬態語などの表記に用いられる。大和やまと仮名。五十音仮名。略体仮名。 → 仮名平仮名

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かたかんな【片仮名】
かたかな」に同じ。 「一には-、ひとつは葦手/宇津保 蔵開中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

片仮名
かたかな

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かた‐かな【片仮名】
〘名〙 (「かた」は完全でない、一部分の意。「かな」は「かりな」の転)
① 国語を書き表わすのに用いる音節文字で、四八個を一組とする。平安初期に、南都仏教の学僧たちの間で、経文に訓点を加えるために万葉がなを簡略化して用いたところに発すると考えられている。現在では、主に外来語や擬声語・擬態語などに用いる。かたかんな。やまとがな。五十音がな。豆仮名。⇔平仮名(ひらがな)
※宇津保(970‐999頃)国譲上「男にてもあらず、女にてもあらず、あめつちぞ。そのつぎに男手、はなちがきに書きて。〈略〉つぎにかたかな」
② (①の文字で表記される場合が多いところから) 外来語。外国語。
※行人(1912‐13)〈夏目漱石〉塵労「それで貴方に関係のない片仮名(カタカナ)抔を入れる時は、猶更躊躇しがちになりますが」
[語誌](1)かたかなが漢文の訓読から独立して、国語の文章をつづるのにも用いられるようになったのは平安後期で、それ以来、漢字まじりかたかな文とひらがな文とが並び行なわれることになった。
(2)明治三三年(一九〇〇)に小学校令施行規則で現在通用の字体が定まった。その通用字体と異なる古い字体のものを、異体がな、古体がななどという(異体がなについては、五十音の各項を参照)。ひらがなが主として万葉がなの草書体に発したのに対して、かたかなの多くは省筆によるので、これを略体がなとよぶこともある。その字源は、点画の簡単な漢字の形をそのままとったもの(チ‐千、ニ‐二、ハ‐八など)、漢字の最初の数画をとったもの(ク‐久、サ‐散、ノ‐乃など)、最後の数画をとったもの(エ‐江、ヌ‐奴、ホ‐保など)、草書体また行書体にもとづくもの(キ‐幾、シ‐之、ヤ‐也など)がある。「ン」は比較的後にかたかなの列に加えられた。
(3)発音を示すときにはかたかなを用いることが多く、かたかなを小文字にして普通の国語にない音節を表わしたり、特に表音の必要のある場合などに補助的に用いることがある(ちェッ、ふァ、スィなど)。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

かた‐かんな【片仮名】
〘名〙 (「かんな」は「かりな」の変化した語) =かたかな(片仮名)
※宇津保(970‐999頃)蔵開中「大の草子に作りて厚さ三寸ばかりにて、一つには例の女の手、〈略〉一つには草くだり同じごと、一つにはかたかんな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

片仮名」の用語解説はコトバンクが提供しています。

片仮名の関連情報

他サービスで検索

「片仮名」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.