Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

爆速【ばくそく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

爆速
ばくそく
detonation velocity
爆薬の一端に起った爆発が他端にまで伝わる速度,すなわち爆反応が火薬中を進行する速度をいう。爆薬の重要な性質の一つで,爆薬の爆発効果のうち動的効果 (破壊効果) に密接な関係があるほか,特に炭鉱爆薬ではその安全度を判定する重要な因子の一つとなる。爆速は爆薬の種類によって異なり,黒色火薬秒速約 400mからペントリットの秒速 8300mなどまであり,よく使われる各種爆破薬の爆速は,硝安爆薬の秒速 2800~3200mから硬岩用の松ダイナマイトの秒速 7000mの範囲内にある。また爆速は薬量や密閉強度によって変化し,いずれも限界はあるが,それらが大きいほど一般に爆速は大になる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばく‐そく【爆速】
火薬などが爆発した際に火炎や衝撃波が伝わる速度。爆轟(ばくごう)の伝播速度。
俗に、非常に速いこと。「爆速で処理する」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

爆速」の用語解説はコトバンクが提供しています。

爆速の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.