Rakuten infoseek

辞書

爆薬【ばくやく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

爆薬
ばくやく
high explosive
デトネーション (爆轟) を示しうる火薬類で,爆発的に物を破壊・変形などするのに使用するものをいう。ニトログリセリンを基剤とするダイナマイト硝酸アンモニウムを基剤とする硝安爆薬,過塩素酸アンモニウムを主剤とするカーリットなどは代表的な爆薬である。ジアゾニトロフェノール,アジ化鉛,アセチレン銀などは比較的少量のエネルギーにより容易にデトネーションを起すので,これらを起爆薬といい,一般の爆薬のデトネーションを誘導するのに用いられる (雷管の作用) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばく‐やく【爆薬】
火薬類のうち、物を破壊するための爆破薬、および爆弾砲弾炸裂(さくれつ)させるための炸薬のこと。ダイナマイトトリニトロトルエンなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばくやく【爆薬 high explosive】
衝撃波を伴う爆ごう()を起こす爆発物をいい,衝撃波を発生せずに爆発的に燃焼する火薬low explosive(powder)と区別される。爆薬が爆ごうすると,それによって発生する衝撃波によって周囲の物体は破壊作用を受ける。爆薬には一次爆薬と二次爆薬がある。前者は打撃,摩擦,加熱などによって確実に起爆される物質で,起爆薬とも呼ばれる。後者は起爆薬または伝爆薬などの助けを借りて,かなりの量のエネルギーを集中的に与えることで初めて確実に爆発する物質で,爆破作業を目的とする爆破薬blasting explosiveや,砲弾などに装てんして炸裂させるための炸薬bursting explosiveとして用いられる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばくやく【爆薬】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

爆薬
ばくやく
high explosive
火薬類のうち、破壊目的で製造されるものであって、爆轟(ばくごう)とよばれる衝撃波を伴う爆発をおこす物質。衝撃波を発生せずに爆発的に燃焼する物質である火薬と区別される。爆薬が爆轟すると、それに伴って発生する衝撃波および空気圧縮波によって周囲の物体は破壊作用を受ける。爆薬には一次爆薬と二次爆薬がある。前者は打撃、摩擦、加熱などによって容易に発火し、しかも確実に爆発する物質で起爆薬ともよばれる。後者は起爆薬や伝爆薬などの助けを借りて初めて確実に爆発する物質で、爆破薬や炸薬(さくやく)として用いられる。
 型および型爆薬として分類される爆薬もある。型爆薬は比重を高くすればするほど爆速が高くなるもので、トリニトロトルエン(TNT)やヘキソーゲン(RDX)のような高性能化合爆薬がこれに属する。型爆薬は比重を高くしていくとある程度までは爆速が高くなるが、それ以上では逆に爆速が低下し、ついには伝爆しなくなる爆薬である。多くの混合工業爆薬や雷汞(らいこう)、ニトログアニジンなどがこれに属する。型爆薬にはある程度以上の加圧下では爆発しなくなる死圧現象がみられる。[吉田忠雄・伊達新吾]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ばく‐やく【爆薬】
〘名〙 物を破壊するのに用いる火薬の類。ダイナマイト・硝安爆薬・TNTなど。爆破薬のほか武器に装填する炸薬(さくやく)・起爆剤などを含む。
※演歌・軍神広瀬中佐(1904‐05頃)〈不知山人〉「装置なしたる爆薬の導火線(みちび)に火をば点ぜしめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

爆薬
バクヤク
high explosives

破壊的爆発の用途に供せられる火薬類.火薬類取締法によれば,火薬類を火薬,爆薬,火工品に分類したものの一つであり,火薬を緩性火薬類というのに対して,爆薬は猛性火薬類と称している.爆薬には,
(1)DDNP,雷コウなどの起爆薬
(2)硝安爆薬,カーリットなどの硝酸塩塩素酸塩過塩素酸塩を主とするもの,
(3)ニトログリセリンなどの硝酸エステルおよび硝酸エステルを主とするダイナマイト
(4)1分子中にニトロ基3個以上を含むTNT(2,4,6-トリニトロトルエン)などのニトロ化合物
(5)液体酸素爆薬,
(6)そのほかの破壊的爆発の用途に供せられるもの,
などが含まれる.爆薬は雷管や起爆方法を適当に選べば爆ごうして分解し,破壊的爆発の作用をする.爆薬は用法により,軍事用目的と産業用目的に分けられるが,産業用爆薬として世界的に最大の使用量を占めているのはアンホ爆薬で,1960年ころより使われはじめ,それまで主として使われたダイナマイトに代わってきている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

爆薬」の用語解説はコトバンクが提供しています。

爆薬の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.