Rakuten infoseek

辞書

燧灘【ひうちなだ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

燧灘
ひうちなだ
瀬戸内海中部,香川三崎半島愛媛県高縄半島の間を占める海域。香川,愛媛,広島の3県の県域の一部をなす。北部備後灘西部芸予諸島来島海峡東部塩飽諸島で限られる。平均水深 30~40m。伊吹島円上島魚島四阪島などの島々がある。5月には瀬戸内海の東と西からタイの群れが魚島付近に集る。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ひうち‐なだ【燧灘】
瀬戸内海中南部の海域。香川県の三崎半島と愛媛県の高縄半島との間で、魚島(うおしま)・四阪(しさか)島などがあり、四国沿岸は臨海工業地帯

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ひうちなだ【燧灘】
瀬戸内海中央部,備讃諸島と三崎半島,芸予諸島と高縄半島に挟まれた海域の南部で,北は備後灘である。周囲に火打石(燧石)用の石英の産が多かったのでこの名があるという。東西約60km,南北約30kmのほぼ長方形をなし,平均深度18.6m。島はほとんどないが,伊吹島(香川県),魚(さかな)島,四阪島大島(以上,愛媛県)などの小島が散在する。イワシ,タイ,サワラ,アサリ,小エビなどの漁業が盛んで,とくに伊吹島はカタクチイワシのパッチ網漁業で知られ,それを加工する煮干し工場が島の周囲に建ち並んでいる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ひうちなだ【燧灘】
瀬戸内海中央部の海域。愛媛県の新居浜・四国中央市などの北の海域で、北部は備後びんご灘、西は来島くるしま海峡で安芸灘となる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

燧灘
ひうちなだ
瀬戸内海の中部、香川県三崎半島と愛媛県高縄(たかなわ)半島の間を占める四国北岸の海域。北は備後(びんご)灘、西は来島(くるしま)海峡を経て安芸(あき)灘と接する。水深は15~30メートル程度で、海底は比較的平坦(へいたん)である。四国北部の半島部の沖には島が多いのに対し、燧灘をはじめとする灘の地域には島が少ないが、これは灘の地域が沈降しているためと考えられている。燧灘には伊吹(いぶき)島、円上(まるがみ)島、江ノ島、魚(うお)島、高井神(たかいかみ)島、四阪(しさか)島などが東西方向に並んでいる。[新見 治]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ひうち‐なだ【燧灘】
瀬戸内海中央部、香川県の三崎半島と愛媛県の高縄半島、大島、弓削島に抱かれた海域。高井神島、魚島を境に、北部は備後灘に接する。四阪島、伊吹島などがあり、タイ・イカ・タコ・エビなどの漁場。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

燧灘」の用語解説はコトバンクが提供しています。

燧灘の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.