Rakuten infoseek

辞書

【えん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


えん
Yan; Yen
中国,周代の諸侯国の一つ,また戦国の七雄の一つ。武王の弟の一族と伝えられる召公せき (しょうこうせき) が (けい。北京) に封じられたのに始るといわれるが,前6世紀後半までは不明な点が多い。戦国時代初期に文侯合従策 (→合従連衡 ) を立てた蘇秦 (そしん) を用いたというが疑わしく,易王 10 (前 323) 年,七雄中最も遅く王号を称した。易王を継いだ燕王噌 (かい) が政治を怠り斉に大敗したが,次の昭王が郭隗 (かくかい) の進言で人材を天下に求めたので楽毅 (がくき) が仕え,諸侯の連合軍を率いて斉を破った。のちと友好関係を結んだ時期が多かったが,勢力は弱く,戦国時代末,太子丹の依頼で秦の始皇帝を暗殺しようとした荊軻 (けいか) が失敗し,王喜 33 (前 222) 年秦に滅ぼされた。中国北部に位置していたため北方民族の侵入を受けやすく,その防止のため長城を築く一方,彼らと貿易を行なって巨利を得た。下都 (河北省易県) 遺跡からの出土品は当時の手工業の発展を示すものが多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

えん【燕】
中国、春秋戦国時代の国。戦国七雄の一。武王の弟、召公奭(しょうこうせき)を祖とし、薊(けい)(北京付近)に都して、現在の河北・遼寧省と朝鮮半島北部を領有。前222年、秦(しん)に滅ぼされた。
中国、五胡十六国の時代の国。鮮卑(せんぴ)慕容(ぼよう)部の建てた前燕後燕南燕西燕と、漢人馮跋(ふうばつ)の建てた北燕の総称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

えん【燕】[漢字項目]
人名用漢字] [音]エン(呉)(漢) [訓]つばめ
鳥の名。ツバメ。「燕雀(えんじゃく)燕尾服海燕飛燕
くつろぐ。「燕居
酒盛り。「燕飲」
古代中国の国名。「燕京(えんけい)
[補説]23は「」「讌(えん)」と通用する。
[難読]燕子花(かきつばた)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくら【×燕】
つばくらめ」の略。 春》「―や扇ならべし店の窓/杢太郎

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくら‐め【×燕】
つばめ。つばくら。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくろ【×燕】
《「つばくら」の音変化》つばめ。 春》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ
《動詞「つばむ」の連用形から。「燕」の字を当てることが多い》とりまとめること。特に金銭を合算すること。また、収支の帳尻を合わせること。
「毎月の胸算用せぬによって、―のあはぬ事ぞかし」〈浮・胸算用・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【×燕】
スズメ目ツバメ科の鳥。全長17センチくらい。上面が黒く下面は白、額・のどが赤い。翼が細長く、尾も長くて先が二またに分かれており、敏捷(びんしょう)に飛びながら昆虫を捕食。日本には夏鳥として渡来し、人家などに椀(わん)形の巣を作る。ツバメ科の鳥はほぼ全世界に約75種が分布。日本では、ほかにショウドウツバメイワツバメコシアカツバメなども繁殖する。つばくら。つばくろ。つばくらめ。 春 子=夏》「大津絵に糞落しゆく―かな/蕪村
年上の女性にかわいがられる若い男。「若い
東京ヤクルトスワローズ」の愛称スワローズは国鉄の特急列車「つばめ」号に由来。「打線」
[補説]地名・列車名・コンピューター名前別項。→(地名) →つばめ(列車) →TSUBAME(コンピューター)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【燕】[地名]
新潟県中部、新潟平野にある市。銅器洋食器の製造で知られる。平成18年(2006)3月、分水町・吉田町と合併。人口8.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ[列車]
九州新幹線で運行されている特別急行列車の愛称。平成16年(2004)運行開始。鹿児島ルートの博多・鹿児島中央駅間を結ぶ。
超低高度衛星技術試験機(SLATS(スラッツ))の愛称。宇宙航空研究開発機構(JAXA)が開発。高度300キロメートル以下という、通常の衛星軌道に比べて1000倍以上も大気の抵抗を受ける超低高度を周回する人工衛星の技術試験を行う。キセノンイオンエンジンを採用し、軌道高度を維持する。平成29年(2017)12月に「しきさい」とともに打ち上げられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【TSUBAME】[Tokyo-tech Supercomputer and Ubiquitously Accessible Mass-storage Environment]
Tokyo-tech Supercomputer and Ubiquitously Accessible Mass-storage Environment東京工業大学に設置されたスーパーコンピューター。平成18年(2006)に運用開始。ピーク性能は85テラフロップス(毎秒85兆回の浮動小数点演算)。「みんなのスパコン」をモットーに、学生をはじめ、学内外での幅広い利用が可能となっている。名称は、同大学の校章のツバメに由来する。
[補説]後継機として、平成22年(2010)にTSUBAME2.0、平成25年(2013)にTSUBAME2.5、続いてTSUBAME-KFCが稼働開始。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えん【燕 Yān】
中国,漢人馮跋(ふうばつ)の立てた王朝。北燕ともいい,五胡十六国の一つ。後燕が北に敗れて瓦解すると,その勢力の一部は遼西に逃れて竜城(遼寧省朝陽県)によった。漢人武将馮跋は407年,燕帝慕容熙を殺して高雲を立て,やがて409年みずから即位して天王を称し,契丹などの諸部族を支配した。馮跋のあとを襲った弟,馮文通のとき北魏に征服され,馮文通は高句麗に亡命したが殺された。馮氏は北族の風俗に染まっていたといわれ,北魏孝文帝時代に摂政として活躍した文明太后は馮文通の孫に当たる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えん【燕 Yān】
鮮卑族慕容部が中国内地に建てた諸王朝。五胡十六国の一部をなす。慕容部は東北地方シラ・ムレン上流に起こり,西晋の滅亡を機に鮮卑系他部族や高句麗,扶余を制圧して遼東・遼西方面を支配した。4世紀半ば慕容儁(ぼようしゆん)(319‐360,在位348‐360)は後内乱に乗じて河北地方に進入,薊城(北京付近)を首都として燕帝国を建てた(前燕。352‐370,のち鄴に遷都)。やがて一族に内訌が起こり,前秦の苻堅に征服された。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

えん【燕 Yān】
中国古代,春秋戦国の侯国。周武王の弟召公奭(しようこうせき)が薊(けい)(現,北京市)に封建された国といわれるが,実際に就国したのはその弟あるいは子と考えられる。近年北京西郊で西周初期の燕(匽と書く)関係の青銅器が多数発見されたが,その歴史はほとんど不明。戦国時代に強国の一つとして再登場し,中原文化を採用し,前284年には諸国とともに斉を攻め,一時斉の大半を手に入れたが,のち斉の反撃をこうむるとともに,趙の圧迫も受け,前226年秦に都の薊を奪われ,前222年に滅ぼされた。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えん【燕】
中国、戦国時代の七雄の一。周の武王の弟、召公奭しようこうせきに始まる。現在の河北省北部を領有。薊けい(北京)に都した。昭王のとき、全盛を誇ったが、紀元前222年秦しんに滅ぼされた。
中国、五胡十六国時代の国。前燕(307~370)・後燕(384~407)・西燕(384~394)・南燕(398~410)・北燕(409~436)の五国がある。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくら【燕】
ツバメ。つばくらめ。 [季] 春。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくらめ【燕】
ツバメ。 [季] 春。 「 -の巣くひたらば告げよ/竹取」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくろ【燕】
〔「つばくら」の転〕
ツバメ。 [季] 春。 《 -のゆるくとびをる何の意ぞ /虚子 》

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【燕】
〔動詞「つばむ」の連用形から。「燕」とも書く〕
とりまとめること。金銭などを合算すること。収支を合わせること。 「毎月の胸算用せぬによつて-のあはぬ事ぞかし/浮世草子・胸算用 1
つじつま。 「算盤の桁は合ひながらも兎角合ひかねるは人の身の-/浮雲 四迷

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【燕】
スズメ目ツバメ科の小鳥の総称。長い翼と二またに分かれた尾をもつ。速く飛ぶことができ、飛びながら昆虫を捕食する。世界各地に分布。ツバクラ。ツバクロ。ツバクラメ。玄鳥。 [季] 春。
の一種。全長約17センチメートル。翼と尾が細長い。背面は金属光沢を帯びた青黒色で、腹面は白色。額と喉のどは赤褐色。春、全国に渡来し、人家などに泥やわらで椀わん形の巣を作って繁殖する。秋にフィリピン・マレー半島などに帰る。 [季] 春。 → イワツバメコシアカツバメ
年上の女の愛人になっている男。 「若い-」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【燕】
新潟県中部、信濃川に臨む市。洋食器の生産で有名。近年、軽金属工業が発達。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

燕 (ツバメ)
学名:Hirundo rustica
動物。ツバメ科の渡り鳥

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん【燕】
[一] 中国、春秋戦国時代の国。戦国七雄の一つ。周の武王が弟の召公奭(しょうこうせき)を薊(けい)に封じたのに始まり、河北省北部から東北地方南部一帯の中国北辺を領し約八〇〇年続いた。紀元前四世紀末に即位した昭王のとき、賢者、名将を登用して繁栄したが、紀元前二二二年秦に滅ぼされた。
[二] 中国、五胡十六国時代の国。鮮卑の慕容部の建てた前燕(三三七‐三七〇)、後燕(三八四‐四〇七)、南燕(三九八‐四一〇)と、漢人で後燕の将軍であった馮跋(ふうばつ)が建てた北燕(四〇九‐四三八)の四か国がある。なお、慕容部の西燕(三八四‐三九四)は十六国に数えない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくら【燕】
〘名〙 =つばめ(燕)・春》 〔壒嚢鈔(1445‐46)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばくろ【燕】
〘名〙 「つばくら(燕)」の変化した語。《季・春》
※歌謡・踊唱歌(17C後)正月踊「二月にはまた燕(ツバクロ)が、じんざひ木陰に巣をかけて、世の中よかれと三度さよづる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つはひらこ【燕】
〘名〙 鳥「つばめ(燕)」の古名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つばめ【燕】
[1] 〘名〙
① ツバメ科の鳥の総称。全世界に約八〇種が分布する。一般に上面が暗色、下面が白色で全長一〇~二三センチメートル。すべて空中を飛びながら昆虫をとって生活する。飛翔中翼は細長く先端がとがって見える。尾はそう長くないが、外側の尾羽が長く伸びている種がかなりあり、いわゆる燕尾(えんび)をなす。巣は樹洞や岩穴に作るもの、自分で崖に穴を掘るもの、泥で岩壁や建物に作るものがある。泥で作るものの中には単純な椀型のもの、球型のもの、徳利型のものがあり、おそらくこの順序で進化してきたと思われる。日本には自分で穴を掘るショウドウツバメ、椀型に作るツバメ、球型に作るイワツバメ、徳利型に作るコシアカツバメ、沖縄のリュウキュウツバメの五種が繁殖する。また、アマツバメ科の鳥も同様な生活と飛翔型をしているために「つばめ」と呼ばれることがあるが、分類上は別のグループに属する。古来、秋のカリに対して春の代表的な渡り鳥として親しまれている。つばくらめ。つばくろめ。つはひらく。つはひらこ。つばくら。つばくろ。乙鳥(いっちょう)。玄鳥。《季・春》
※万葉(8C後)一九・四一四四「燕(つばめ)来る時になりぬと雁がねは本郷(くに)(しの)ひつつ雲隠り鳴く」
② ツバメ科の鳥。全長約一七センチメートル。尾羽は長く、燕尾形で二またに分かれる。体の上面は青く光る黒色で下面は白い。額から上胸にかけて黒色でふちどられた栗色の大きな斑紋(はんもん)がある。飛行が巧みで、飛びながら昆虫を捕食する。人家の軒などに土やわらくずで椀型の巣をつくり三~七個の卵を産む。日本には三月上旬から五月上旬にかけて全土に渡来し、秋に南方へ渡る。多くは同一の巣にもどってくる。
③ 年上の女にかわいがられて情交を続ける若い男。
※江戸から東京へ(1924)〈矢田挿雲〉一一「ツバメを飼ふ為めに大車輪になって働いた」
④ ⇒つばめ(動詞「つばめる」の名詞形)
[2]
[一] 新潟県中央部の地名。越後平野の中央部に発達。やすり・キセル・銅器などの伝統的産業を基礎に大正中期からスプーン・フォークなどの洋食器製造が始められ、全国生産の大部分を占める。弥彦線、上越新幹線(燕三条駅)が通じる。昭和二九年(一九五四)市制。
[二] (つばめ) 旧国鉄の特別急行列車の愛称名。昭和五年(一九三〇)東海道本線に登場。最後部につばめのテールマークを付けた展望車を連結した豪華列車で、東京・神戸間を当初九時間で結んだ。その後、東海道新幹線の開業とともに山陽本線の特急列車の愛称となり、山陽新幹線の開業で姿を消したが、JR九州で復活し、現在は九州新幹線で使われる。
[語誌](1)「色葉字類抄」にツハメ・ツハクロメの語形が見られる。ツバメ・ツバクラメ・ツバクロメのメは、カモメ・スズメなど、鳥類に共通する接尾語か。
(2)鎌倉・室町期になるとツバメが勢力を増し、「節用集」ではツバクラメを圧倒してくる。江戸期にはツバクラメは古語となり、ツバメ・ツバクラ・ツバクロが主流となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

燕の関連情報

他サービスで検索

「燕」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.