Rakuten infoseek

辞書

【ネン】

デジタル大辞泉

ねん【燃】[漢字項目]
[音]ネン(呉) ゼン(漢) [訓]もえる もやす もす
学習漢字]5年
もえる。もやす。「燃焼燃料再燃不燃内燃機関

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

もえ【燃】
〘名〙 (動詞「もえる(燃)」の連用形の名詞化) もえること。燃えるぐあい。
※目撃者の反省(1941)〈杉山英樹〉「オンドルの煙道を傾斜させぬから、燃えがわるく」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も・える【燃】
〘自ア下一(ヤ下一)〙 も・ゆ 〘自ヤ下二〙
① 火がついて、炎が立つ。焼けて、炎がおこり立つ。燃焼する。
※古事記(712)中・歌謡「さねさし 相摸(さがむ)の小野に 毛由流(モユル)火の 火中に立ちて 問ひし君はも」
② 炎のような光を放つ。陽炎(かげろう)の光や蛍の光、また、夏のきびしい陽光などの形容に用いる。《季・夏》
※古事記(712)下・歌謡「埴生坂 我が立ち見れば かぎろひの 毛由流(モユル)家群 妻が家のあたり」
③ ある感情に動かされて、気持が高ぶる。悲しみや怒り、また、感動などで胸が熱くなる。
※万葉(8C後)五・八九七「五月蠅(さばへ)なす 騒く児どもを 打棄(うつ)てては 死は知らず 見つつあれば 心は母延(モエ)ぬ かにかくに 思ひわづらひ 哭のみし泣かゆ」
④ 赤い色がひじょうに鮮やかに輝くたとえ。→燃えるよう
※写生紀行(1922)〈寺田寅彦〉「庭には赤いダーリアが燃えて居た」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も・す【燃】
〘他サ五(四)〙 もやす。焚(た)く。
※康頼本草(1379‐91頃)本草木部上品之上集「墨 味辛无毒。和末川於毛須計无乃須美。又云加良須美」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

もや・す【燃】
〘他サ五(四)〙
① 燃えるようにする。物に火をつける。燃す。たく。
※竹取(9C末‐10C初)「御文、〈略〉火をつけてもやすべきよし仰せ給ふ」
② 感情や意欲で心を高ぶらせる。からだを熱くする。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「ミノ ホムラヲ moyaite(モヤイテ) ソシリマワッテ」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉後「一旦燃(モヤ)された彼の念(おもひ)は」
③ おこったように言う。〔新撰大阪詞大全(1841)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

も・ゆ【燃】
〘自ヤ下二〙 ⇒もえる(燃)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

燃の関連情報

他サービスで検索

「燃」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.