Rakuten infoseek

辞書

【ねつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ねつ
heat
物体に出入りしてその温度を変化させるエネルギー。たとえば,温度の異なる2物体を接触させ,高温物体が冷えて低温物体が暖まるときに,前者から後者へ移るエネルギーが熱である。昔は,熱は不変不滅な元素の1種と考えられ,熱素と呼ばれ,物体が含有する熱素の多少によりその温度の高低が定まるとされた。しかし 1800年頃から熱は力学的な仕事と同等であることが次第に明らかとなり,43年 J.P.ジュールが熱の仕事当量を測定し,47年には H.ヘルムホルツエネルギー保存則を提唱して,熱はエネルギーの1種とみなされるようになった。物体の温度は熱を加えても,摩擦をしても上がる。これは熱が物体の状態 (温度や体積で決る熱的状態) で定まる量でないこと,つまり熱素が考えられないことを意味する。熱はエネルギーが移動する過程で,エネルギーの一形態として考えられる量である。現在では,物体を構成する微粒子の無秩序な運動 (熱運動という) に伴う力学的エネルギーが熱であるという微視的解釈がとられている。熱の量は,他のエネルギーと同じ単位ジュールではかられるが,熱にだけ特有な単位としてカロリーもなお慣用されている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねつ【熱】
あついこと。肌に感じるあつさ。気候などの暑さ。また、高い気温。「を逃がす」「を加えて調理する」
病気などによる平常以上の体温。「三八度のが出る」
物事に打ち込むこと。ある事に精神を集中させること。熱意。「のこもった議論」「もっとを入れて勉強しろ」
ある対象に夢中になること。「旅行が高まる」「サッカー
物体の温度差の原因となるもの。高温の物体から低温の物体へ移動するエネルギーの流れ。分子原子の運動に関連するエネルギーの一形態。
熱病」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ【熱】[漢字項目]
[音]ネツ(呉) [訓]あつい
学習漢字]4年
温度が高い。あつい。「熱気熱帯熱湯熱風
温度を高める力。あつさ。「熱源熱量火熱暑熱焦熱耐熱地熱電熱放熱余熱
体温のあつさ。「熱病解熱(げねつ)発熱微熱平熱
ある事に感情を高ぶらせる。「熱愛熱意熱演熱狂熱中熱望熱烈狂熱情熱
熱病。「産褥熱(さんじょくねつ)猩紅熱(しょうこうねつ)
[難読]稲熱病(いもちびょう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

 (1) 温度の違う二つの物体が接触するときに温度の高い方から低い方へ移るエネルギー.(2) 体幹温度が上昇する現象で,発熱サイトカインが働いて急性期反応物質が生成し,免疫系が活性化されるという特徴がある.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねつ【熱 heat】
温度の異なる物体があると必ず高温のほうから低温のほうへエネルギーが移る。このエネルギーが熱であり,したがって熱はエネルギーの一形態,正確にいうとエネルギーの移動における一形態である。
[熱とは何か]
 熱は人間の生活にきわめて深いかかわりがあるが,熱についての認識は力学などに比べるとはるかに遅れて進歩した。熱とは物体を暖める,あるいは熱くする何かであると考えられていたであろう。昔から太陽,火,摩擦運動,動物熱などがおもな熱源としてあげられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねち【熱】
熱病。 「くすしどもに問ひ侍れば、-などにやおはすらむとなむ/宇津保 国譲中

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ【熱】
あついこと。あつさ。
病気などで普段より高くなった体温。 「 -が下がる」
一つの事に夢中になって、高ぶった気持ち。また、興奮した状態。 「話に-がこもる」
熱病。 「己は-を病んでゐるやうに、気が遠くなつて/青年 鷗外
〘物・化〙 温度の高い系から温度の低い系にエネルギーが移動するときのエネルギーの移動形態の一つで、力学的な仕事や物質の移動などにはよらないもの。内部エネルギーを変化させる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あつつ【熱】
[1] 〘感動〙 熱いものにさわった時に発する声。あちち。あちゃ。
※名語記(1275)八「あつつといへる如何。あはつるもれの反、あはてるたるの反、いたたるたるの反、熱たるの反」
[2] 〘名〙 ((一)から転じた幼児語)
① 火をいう。
② 火傷をいう。
③ 灸(きゅう)をいう。あっつう。
浄瑠璃・志賀の敵討(1776)八「母様はな、あつつをすへに行によって、晩から父様が抱て寝る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ね‐・す【熱】
〘自サ変〙 (「ねっす」の促音「っ」の無表記) =ねっする(熱)
※栄花(1028‐92頃)もとのしづく「又ものさへねして悩み給へば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねち【熱】
〘名〙 熱病のこと。
※宇津保(970‐999頃)国譲中「くすしどもに問ひ侍れば、『ねちなどにやおはすらん』となん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ【熱】
〘名〙
① 触れたり、近づいたりした時などに、肌(はだ)に感じるあつさ。また、気候の暑いこと。〔詩経‐大雅・桑柔〕
② 物を温めたり焼いたりする力。
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「大陽の熱によりて、水は、変じて水蒸気となり」
③ 温度の異なる二つの物体の間で、高温側から低温側に移動するエネルギー。その移動の仕方は、伝導、対流、放射に分類される。孤立した物体に移動した熱はその内部エネルギーの増加となり、また、その物体のする仕事として消費される。
④ 病気などによって平常より高くなった体温。
※浄瑠璃・日本振袖始(1718)四「熱の差引き、様々の看病験しもなし」 〔漢書‐西域伝〕
⑤ 「ねつびょう(熱病)」の略。
※いさなとり(1891)〈幸田露伴〉五一「道中などでは熱病(ネツ)になりやすいものなれば」
⑥ あることに精神を集中すること。熱中すること。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「シンイノ netuo(ネツヲ) サル」
※竹沢先生と云ふ人(1924‐25)〈長与善郎〉竹沢先生の顔「真剣味とか、熱とかがもっと露骨に出てはゐたね」
⑦ 一時的に興奮すること。のぼせること。「熱が冷める」「熱をあげる」
※浮世草子・好色二代男(1684)八「我おほしめしての御事、(ネツ)とはおもはれず」 〔陶潜‐形影神、影答形詩〕
⑧ 身勝手な気炎。気勢。「熱を吹く」
稲熱病(いもちびょう)をいう。
※稲熱病(1939)〈岩倉政治〉二「今までねつ(稲熱病)の出る年は、まっさきにやられて村でも評判のところぢゃったれど」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねっ‐・す【熱】
〘自他サ変〙 ⇒ねっする(熱)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねっ‐・する【熱】
[1] 〘自サ変〙 ねっ・す 〘自サ変〙
① 熱が生じる。あつくなる。発熱する。ねす。
※延慶本平家(1309‐10)三本「身中する事火燃が如し」
② 物事に熱中してあつくなる。興奮する。夢中になる。
※小学読本(1874)〈榊原・那珂・稲垣〉五「才芸は年齢に拘らず勉励の功を積むに随ひて熱すべし」
[2] 〘他サ変〙 ねっ・す 〘他サ変〙 熱を加える。あつくする。あたためる。
※機械(1930)〈横光利一〉「アニリンをかけた真鍮の地金をアルコールランプの上で熱しながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとおり ほとほり【熱】
〘名〙 (動詞「ほとおる(熱)」の連用形の名詞化)
① 熱気を発すること。また、熱気。火熱。
※書紀(720)神代下(鴨脚本訓)「熱(ホトヲリ)を避りて居(ま)しますときに」
② 身体の熱。特に、病気などで高くなった熱。ほとり。
※浮世草子・嵐無常物語(1688)上「御子息ほうそうほとほり殊の外の大事」
※浄瑠璃・御所桜堀川夜討(1737)三「早玉の緒も切れ果てて〈略〉ほとほりばかりにて」
※浄瑠璃・曾我扇八景(1711頃)上「ほとをりさめぬ武士共馬印旗印」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとお・る ほとほる【熱】
〘自ラ四〙
① 熱気を発する。熱くなる。また比喩的に、立腹する。ほとぼる。
※枕(10C終)一六二「さるべき事もなきを、ほとほりいで給ふ。やうこそはあらめ」
② 病気などで、身体が熱くなる。発熱する。ほとる。
※宝物集(1179頃)「頭ぬるみ身ほとをりてはらふくれむねさわぎて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとぼ・る【熱】
〘自ラ五(四)〙
① 熱気を発する。熱くなる。ほとおる。
※改正増補和英語林集成(1886)「ヒバシワ マダ hotobotteiru(ホトボッテイル)
② 感情が高まる。かっとなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとり【熱】
〘名〙 (動詞「ほとる(熱)」の連用形の名詞化) 熱くなること。熱気を帯びること。熱。熱さ。
※世間通言鳥づくし見立(1830‐44頃)「ねつの、ほとり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほと・る【熱】
〘自ラ四〙 (「ほとおる(熱)」の変化した語) 熱くなる。熱気をもつ。病気で発熱したり興奮したりして身体が熱くなったりする意に用いる。ほてる。
※貞享版沙石集(1283)五「胸くるしくほとりて、堪へ忍びがたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐めき【熱】
〘名〙 (動詞「ほめく(熱)」の連用形の名詞化)
① ほてること。熱くなること。上気すること。ほてり。熱気。
※浄瑠璃・平仮名盛衰記(1739)五「太刀のほめきをさまさんと」
② 欲情をもよおすこと。情事をすること。男女が互いに戯れ合うこと。いちゃつくこと。
※浄瑠璃・甲賀三郎窟物語(1735)三「座敷をぬけて出口のほめき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほ‐め・く【熱】
〘自カ四〙 (「めく」は接尾語)
① ほてる。熱くなる。上気する。赤くなる。〔天正本節用集(1590)〕
※俳諧・鷹筑波(1638)二「くっくとほめくあらかねの土 火花をもちらして打や刀かぢ〈重次〉」
② 欲情をもよおす。情事をする。男女が互いに戯れ合う。いちゃつく。
※浄瑠璃・忠臣金短冊(1732)四「そちらで早う、ほめけほめけ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱の関連情報

他サービスで検索

「熱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.