Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

熱線【ねっせん】

世界大百科事典 第2版

ねっせん【熱線】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

ねっ‐せん【熱線】
〘名〙
① =せきがいせん(赤外線)〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕
② 体温の変化の様子を線で示したもの。
※ブルジョア(1930)〈芹沢光治良〉一「喀痰もなくなり、熱線は高低なく、体重表の線のみ昇った」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

熱線
ネッセン
heat rays

電磁波の一部で,波長λが可視光線の赤端部(λ = 0.75 μm)から長波長の領域に向かって,λ ≅ 1 mm くらいまでを熱線あるいは赤外線という.この部分の電磁波が熱線とよばれるのは,それが物体に吸収されておもに熱作用を与えることからであろう.もちろん,熱作用はすべてのエネルギーの最終形態であって,なにも熱線だけが熱作用を生じるというわけではない.λ = 0.75~3 μm の短波長領域の熱線は,熱作用のほかに写真作用,蛍光作用,および光電作用を示すので,赤外線通信,赤外線写真,あるいは物質の鑑定などに利用される.赤外線領域では,光量子のエネルギーが分子内部の原子あるいは原子団振動および回転のエネルギーにほぼ等しいので,分子による強い吸収帯が表れる.この赤外吸収帯を調べて,物質の化学的組成分子構造を知ることができる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねっ‐せん【熱線】
熱せられた金属線。
赤外線」に同じ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

熱線
 →赤外線

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱線
ねっせん
赤外線」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱線
ねっせん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱線」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱線の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.