Rakuten infoseek

辞書

熱気【ネッキ】

デジタル大辞泉

ねっ‐き【熱気】
温度の高い空気・気体。「熱気がこもる」
興奮して高まった意気込みや気配。「話が熱気を帯びる」
病気などで高くなった体温

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ‐け【熱気】
熱がある感じ。体温が平常より高い感じ。「熱気がある」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねっき【熱気】
高温の空気・気体。 -で消毒する
夢中になって、高ぶった雰囲気。 異様な-に包まれる
病気などによる発熱。ねつけ。
[句項目] 熱気を帯びる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつけ【熱気】
熱のある感じ。 -がする

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねっ‐き【熱気】
〘名〙
い空気。あつさ。暑気
※叢書本謡曲・愛宕空也(1516頃)「此の仏舎利を保つならば、熱気熱風金翅鳥の、三つの苦みをまぬかるべし」 〔淮南子‐天文訓〕
② 病気などで高くなった体温。高熱。また、熱病。熱物。
※小右記‐長和五年(1016)五月一一日「口乾無力、但食不例、医師等云、熱気歟者」
※彝倫抄(1640)「人死する時は熱気(ネッキ)の上へのぼるは、魂(こん)の上へのぼるなり」
③ 興奮している意気。ふるいたつ熱情気配
※ぎやどぺかどる(1599)上「邪なる貪欲の熱気をさまし」
④ 高熱の気体

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつ‐け【熱気】
〘名〙 ふつうより熱のある感じ。特に、体温がふつうより高い感じ。
※経済小学家政要旨(仮名付)(1877)〈永峰秀樹訳〉一二「若し熱症(ネツケ)あらば常量に依り硝石を水薬として服(のむ)べし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほとおり‐け ほとほり‥【熱気】
〘名〙 病気などで発熱する状態。
※日本書紀兼倶抄(1481)「仏(ほとけ)は仏像を負てほとをりげと云は非也」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱気」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱気の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.