Rakuten infoseek

辞書

熱核反応【ねつかくはんのう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熱核反応
ねつかくはんのう
thermonuclear reaction
高温の物質中で,その原子核が熱運動で互いに衝突して起す核反応。原子核の間には距離の2乗に反比例する静電気力斥力として働くが,数千万K以上の高温では熱運動の速度が大きくなり,斥力にうちかって原子核同士が接近して核反応 (特に核融合) を起すことが可能になる。恒星内部では,p-p連鎖C-Nサイクルヘリウム燃焼のような熱核反応が起り,エネルギー源となっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねつかくはんのう【熱核反応】
原子核の集団を数千万度あるいは一億度以上の高温に熱したとき、熱運動のエネルギーによって起こる核反応。水素爆弾で起こる核融合反応や、恒星のエネルギー源となっている核反応はこの例。エネルギー源として利用する目的で熱核反応を起こすために、高温のプラズマを利用する方法などが研究されている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねつ‐かくはんのう ‥カクハンオウ【熱核反応】
〘名〙 核反応の一つ。数千万度以上の高温下において原子核が高速度で運動し、互いに激しく衝突し合って起こす融合反応。恒星のエネルギー源や水素爆弾の爆発などにみられる。〔死の灰(1954)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ねつかく‐はんのう〔‐ハンオウ〕【熱核反応】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

熱核反応
ネツカクハンノウ
thermonuclear reaction

[別用語参照]核融合

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱核反応」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱核反応の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.