Rakuten infoseek

辞書

熱情【ネツジョウ】

デジタル大辞泉

ねつ‐じょう〔‐ジヤウ〕【熱情】
燃え上がるような激しい感情。また、熱心な気持ち。情熱。「研究に熱情を注ぐ」
[補説]作品名別項。→熱情

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねつじょう【熱情】[曲名]
原題、〈ドイツAppassionataベートーベンのピアノソナタ第23番。ヘ短調。1804年から1805年にかけて作曲。第8番「悲愴」、第14番「月光」とともに、三大ピアノソナタとよばれる。アパショナータ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

熱情
ドイツの作曲家L・v・ベートーヴェンのピアノソナタ第23番(1804-05)。原題《Appassionata》。『アパショナータ』ともいう。中期ピアノソナタの傑作の一つに数えられ、第8番『悲愴』、第14番『月光』と並び、三大ピアノソナタと呼ばれる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねつじょう【熱情】
物事に対する激しく熱心な気持ち。情熱。 -あふれる演説

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねつ‐じょう ‥ジャウ【熱情】
[1] 燃え上がるような激しい感情。また、熱心な気持。情熱。
※経国美談(1883‐84)〈矢野龍渓〉前「大業を果さんと欲する憂憤熱情の為めに」
[2] (原題Sonata appassionata) 器楽曲。ベートーベンの作品五七番、ヘ短調のピアノソナタの通称。一八〇五年完成。アパッショナータ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱情」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱情の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.