Rakuten infoseek

辞書

熱帯林【ネッタイリン】

デジタル大辞泉

ねったい‐りん【熱帯林】
熱帯地方の森林。多雨地域には熱帯降雨林が、乾季のある地域には雨緑林が発達する。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ねったいりん【熱帯林】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ねったいりん【熱帯林】
熱帯地方に発達した森林。商業伐採や農地・牧草地への転換などにより急速に減少している。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱帯林
ねったいりん
南北回帰線に挟まれた地域に分布する森林で、熱帯雨林、雨緑林などからなる。1981年の国連食糧農業機関(FAO)報告によれば、その面積は19億ヘクタールと、世界中の森林面積(43億ヘクタール)の半分近くを占めている。燃料や用材を産み出す資源であるが、近年は生態系や遺伝子資源の保全、二酸化炭素(CO2)の吸収による地球温暖化の抑制などでも、その重要性が再認識されている。
 しかし、その面積は急激に減少していることがわかり、問題となった。1981年のFAO報告では、減少は毎年1130万ヘクタール、つまり日本の本州の約半分の面積と予測されていた。ところが、FAOはその後の報告で、1981年から10年間の毎年の減少面積は1540万ヘクタールに上ると修正、加速度的に熱帯林消滅が進んでいることを警告している。耕作地をつくるために焼き払われたり、燃料用の伐採、過度な放牧、不適切な商業用伐採などが進められたためだが、その背景には熱帯地域での人口増や森林管理の資金不足などが指摘されている。
 熱帯林の減少は、地域住民の生活に必要なエネルギーの不足、洪水や渇水の発生、さらに土壌の侵食・流出を招く。また、熱帯林には地上の生物の少なくとも半分が生息するとされ、膨大な未知の遺伝子が存在しているだけに、貴重な生態系の破壊にもつながる。
 一方、熱帯林をはじめとした植物の光合成はCO2を吸収して酸素をつくりだすため、「地球の肺」ともよばれる。樹齢の若い生育の盛んな森林なら1ヘクタール当り年間2.7トン(炭素換算)のCO2を吸収するとされているが、これは日本など先進国の国民1人当りのCO2年間排出量にほぼ匹敵する。地球温暖化はCO2の大気中濃度の上昇が主因とされるだけに、その点でも熱帯林は重要である。
 1992年、ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開催された環境と開発に関する国連会議では、こうした森林について、途上国が持続可能な開発を進めるにあたっては、資金、技術面での国際的な支援がなされるべきだとする「森林原則声明」が採択された。[横田弘幸]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねったい‐りん【熱帯林】
〘名〙 熱帯に発達する森林帯雨量の多い地域では熱帯降雨林、乾期の著しい地域では雨緑林となる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱帯林」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱帯林の関連情報

他サービスで検索

「熱帯林」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.