Rakuten infoseek

辞書

熱帯内収束帯【ねったいないしゅうそくたい】

日本大百科全書(ニッポニカ)

熱帯内収束帯
ねったいないしゅうそくたい
南北両半球の気団の境界で、貿易風が収束する帯状の境界。しばしば、英語のintertropical convergence zoneを略してITC(Z)ともよばれる。地球の他の地域の収束帯、トラフ、前線などと異なり、接する二つの気団の性質は同じであるため、貿易風合流線、モンスーン・トラフ、赤道前線、熱帯収束帯、赤道収束帯ともよばれる。一般に北半球の夏には北半球に、南半球の夏には南半球に移動するが、大西洋と太平洋東部では一年中北半球にある。[饒村 曜]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熱帯内収束帯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熱帯内収束帯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.