Rakuten infoseek

辞書

熊野磨崖仏【クマノマガイブツ】

デジタル大辞泉

くまの‐まがいぶつ【熊野磨崖仏】
大分県北東部、国東(くにさき)半島南部の豊後高田(ぶんごたかだ)市にある岩壁に刻まれた石仏群。田原(たわら)山(標高542メートル)の西側、熊野地区に位置する。6メートルの大日如来像や8メートルの不動明王像などがあり、平安時代後期にできた日本最古・最大級の磨崖仏といわれる。国の重要文化財・史跡に指定。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

くまのまがいぶつ【熊野磨崖仏】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

事典 日本の地域遺産

熊野磨崖仏
(大分県豊後高田市平野)
おおいた遺産」指定の地域遺産。
今熊野山胎蔵寺から鬼が一夜で築いたとされる乱積みの石段を登ったところの絶壁に刻まれている不動明王(8m)と大日如来(6m)の磨崖仏。平安時代末期の作といわれ、国指定重要文化財および国指定史跡

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域遺産」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊野磨崖仏」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊野磨崖仏の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.