Rakuten infoseek

辞書

熊本地震【クマモトジシン】

デジタル大辞泉

くまもと‐じしん〔‐ヂシン〕【熊本地震】
平成28年(2016)4月14日21時26分以降、熊本県から大分県にかけて発生している一連の地震別府-島原地溝帯に沿って連なる日奈久断層帯布田川断層帯別府-万年山断層帯が南北方向に引っ張られて動いた横ずれ断層型の地震。4月30日までに震度1以上の地震が1000回以上発生。熊本県益城町では震度7の揺れが2回観測されている。
[補説]平成28年熊本地震で震度6弱以上を観測した地震の概要は以下の通り。
発生時刻震央深さマグニチュード最大震度
4月14日21時26分熊本地方11キロ6.57(益城町)
4月14日22時07分熊本地方8キロ5.86弱(益城町)
4月15日0時3分熊本地方7キロ6.46強(宇城市)
4月16日1時25分熊本地方12キロ7.37(西原村・益城町)
4月16日1時45分熊本地方11キロ5.96弱(菊陽町・合志市・熊本市東区)
4月16日3時55分阿蘇地方11キロ5.86強(産山村)
4月16日9時48分熊本地方16キロ5.46弱(菊池市)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

熊本地震
2016年4月14日午後9時26分、熊本地方でM6.5の地震(前震)が発生し、28時間後の16日午前1時25分にはM7.3の地震(本震)が起きた。熊本県益城町で震度7が2回観測された。同県南阿蘇村では、本震に伴う土砂災害で全長約200メートルの阿蘇大橋が崩落した。震源は熊本県中部を走る布田川・日奈久(ひなぐ)両断層帯。家屋の倒壊などで亡くなった直接死は50人。避難生活による環境の変化などが原因の災害関連死は140人を超えた。熊本県で約4万棟の住宅が全半壊し、最大18万人が避難した。
(2017-02-17 朝日新聞 朝刊 西特集A)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

熊本地震
くまもとじしん
2016年4月16日午前1時25分に熊本県熊本地方で発生したマグニチュードM)7.3の本震とその前後の一連の地震活動。気象庁による正式名称は「平成28年(2016年)熊本地震」。本震の震源は北緯 32°45.2′,東経 130°45.7′,深さ 12km。4月14日の M6.5の前震から始まり,余震活動と,阿蘇地方や大分県で本震直後から活発化した地震活動を含む。4月14日午後9時26分,M6.5,最大震度 7を記録した前震が益城町を襲い,益城町や熊本市を中心に被災したのち,4月16日の本震では益城町などで震度 7,熊本県中部から大分県にかけて震度 6弱以上の激しいゆれとなった。このため熊本城阿蘇神社など多数の建築物が損壊し,さらに斜面崩壊による阿蘇大橋の落橋など土砂災害が多発,甚大な地震災害となった。人的被害は死者 69人(うち避難所での死者は 20人),行方不明者 1人,負傷者 1692人にのぼり,また避難者は最大 20万人をこえた。物的被害としては,約 9万棟以上の住宅や建物の損壊,九州新幹線など鉄道の運転休止,九州自動車道などの高速道路や一般道路の通行止め,広範囲の断水などが発生し,社会生活に大きく影響した(2016.5.17.現在の熊本県と大分県の報告による)。本震を引き起こした震源断層は,北東―南西方向に延びる長さ約 30kmの右横ずれ断層と推定されている。これらの地震活動は活断層である布田川断層帯・日奈久断層帯で発生したと考えられている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

熊本地震
くまもとじしん
2016年(平成28)4月14日21時26分ころ熊本県中央部(北緯32.7度、東経130.8度)で発生した震源の深さ11キロメートル、気象庁マグニチュード(MJ)6.5、モーメントマグニチュード(MW)6.2の地震を始まりとする一連の地震。地震による直接の死者は50名。約28時間後の16日1時25分ころには、14日の地震の震源近く(北緯32.8度、東経130.8度)で震源の深さ12キロメートル、MJ7.3(MW7.0)の地震が発生した。この16日の地震のマグニチュードは一連の地震中で最大のものであり、本震とみなされる。また、14日の地震は、その前震の一つと判断される。地震活動の初期に、比較的大規模な地震が起きたとき、それが前震であるか本震であるかを判断することは、現状では容易ではなく、熊本地震のような地震については、活動の初期段階でのその推移予測は困難といわざるをえない。14日の前震は、熊本県益城(ましき)町から南に八代(やつしろ)海まで延びる日奈久(ひなぐ)断層帯の北端付近を震源として発生し、16日の本震は、主として、日奈久断層帯の北端と接する布田川(ふたがわ)断層帯の岩盤が急激にずれることにより生じたと考えられている。ずれの大きさは約4メートルであり、右横ずれと縦ずれの両成分をもつ。布田川断層帯に沿って約28キロメートル、日奈久断層帯に沿って約6キロメートルの地表地震断層の出現も確認されている。この二つの断層帯は、地震発生前に活断層帯として認定されていたものである。
 上に述べたように比較的大規模な前震を伴ったこと、また、以下に述べるように余震活動がきわめて活発であったことや、大きな震度や強い長周期地震動が観測されたことは、この地震の大きな特徴である。本震発生直後から、布田川断層帯に沿って九州を北東―南西方向に横切る広い領域で活発な余震活動が生じた。とくに、阿蘇(あそ)地方や大分県中部で余震活動が活発であったが、本震により放出された地震波による誘発地震の発生が大分県中部で確認されている。その後、本震震源から南西や北西の方向にも、ゆっくりと余震活動が広がっていった。余震活動の拡大が起きたのは、「別府―島原地溝帯」とよばれる南北方向に地殻が引き伸ばされつつある地域であり、活動的な火山や活断層が多数分布しており、歴史的に地震活動の活発な地域として知られている。1596年(慶長1)に別府湾で発生したとされる慶長豊後(ぶんご)地震(M7.0)、1889年(明治22)に熊本市付近で発生した明治熊本地震(M6.3)、1975年(昭和50)の大分県中部地震(M6.4)などがそのような地震の例としてあげられる。
 16日の本震では、熊本県益城町と西原村で震度7の強い揺れを記録した。益城町では、14日の前震の際にも震度7を記録しており、短期間の間に2度、強い揺れに遭遇することとなった。このため、14日の地震では倒壊を免れた家屋が、16日の地震で倒壊するという現象もみられた。建物被害のほか、熊本城など文化財の損壊、大規模な地盤・土砂災害、農地や農業用施設の被害など、熊本県を中心として各地で大きな被害が生じた。死者(関連死含む)228名、重軽傷者2770名、全半壊家屋4万3226戸(2017年5月12日時点。消防庁資料)。
 気象庁では、地震による高層ビルの揺れや被害の発生可能性の目安とするため、2013年に「長周期地震動階級」を導入し、「長周期地震動に関する観測情報(試行)」として運用を開始した。その運用開始後初めて、4階級中最大の「階級4」が4月15日0時3分ころの前震(M6.4、MW6.0)と16日の本震の際に、熊本県内で観測された。[山下輝夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊本地震」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊本地震の関連情報

関連キーワード

[各個指定]芸能部門4Kテレビドラギマイナス金利政策河南(省)ハザードマップ図書カード発癌性リスク南スーダン派遣団パタリロ!

他サービスで検索

「熊本地震」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.