Rakuten infoseek

辞書

熊引・九万疋【くまびき】

精選版 日本国語大辞典

くま‐びき【熊引・九万疋】
〘名〙 魚「しいら(鱪)」の異名。また、その塩乾品の称。「九万疋」に通じるため、古来、贈答や結納、婚礼などの祝儀に用いる。《季・夏》
※石山本願寺日記‐証如上人日記・天文六年(1537)正月一三日「初献に〈ふゑんの〉鯛の肴、くみつけ〈右に海老二わり、左に熊引〉」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

熊引・九万疋」の用語解説はコトバンクが提供しています。

熊引・九万疋の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.