Rakuten infoseek

辞書

煤煙【ばいえん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

煤煙
ばいえん
smoke
燃焼によって発生するもので,一般には粉塵,すす,亜硫酸ガス一酸化炭素などをいう。法的には大気汚染防止法 2条によって次のとおり定義されている。 (1) 燃料その他の物の燃焼に伴い発生する硫黄酸化物,(2) 燃料その他の物の燃焼または熱源としての電気の使用に伴い発生する煤塵,(3) 物の燃焼,合成,分解その他の処理 (機械的処理を除く) に伴い発生する物質のうち,カドミウム塩素フッ化水素,鉛その他の人の健康または生活環境にかかわる被害を生じるおそれがある物質で政令で定めるもの。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ばい‐えん【×煤煙】
石油石炭などの不完全燃焼で生じるすすや大気汚染防止法では、硫黄酸化物窒素酸化物一酸化炭素自動車の排気中の鉛化合物なども含める。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばいえん【煤煙】[書名]
森田草平小説。明治42年(1909)発表。作者平塚らいてうとの心中未遂事件を題材に、近代青年の苦悩に満ちた恋愛を描く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

煤煙
北方謙三の長編ハードボイルド小説。2003年刊行。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ばいえん【煤煙】
不完全燃焼で発生する炭素分やタール分を含む大気汚染物質総称。とくに石炭の燃焼によって発生し,この場合には石炭中の硫黄分による硫黄酸化物が混在する。かつてはその濃度をリンゲルマン・スモークチャートなどによる煙の黒さで表していたが,近代工業の発展とともに物質の種類が増え,現在は各種の有害物質単体の濃度を測定するようになっている。ばい煙による影響は,家屋洗濯物の汚れ,植物の枯死などにとどまらず,人体への影響としてはロンドンスモッグにみられた急性呼吸器病があり,さらに近年では慢性気管支炎肺癌などの疾患の原因となることも知られている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ばいえん【煤煙】
石炭などを燃やして出る煙とすす。特に、不完全燃焼で発生する大気汚染物質。大気汚染防止法は物の燃焼に伴い発生する硫黄酸化物や煤塵、物の燃焼・合成・分解などにより生ずるカドミウム・塩素・フッ化水素・鉛その他の有害物質を煤煙としている。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばいえん【煤煙】
小説。森田草平作。1909年(明治42)「朝日新聞」連載。作者と平塚らいてうとの心中未遂事件をもとにして、近代青年と新しい女性との情熱的な恋愛を描いた自伝的作品。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

すす‐けむり【煤煙】
〘名〙 工場の煙突などから出る煙。すすを含んだ黒い煙。ばいえん。
※桐の花(1913)〈北原白秋〉哀傷篇「煤烟(ススケムリ)たなびくもとに葛飾の青茶畑ははるばると見ゆ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ばい‐えん【煤煙】
[1] 〘名〙 燃料を燃やしたときに出るすすと煙。多くは燃料が不完全燃焼したとき発生する炭素やタール分などが浮遊しているもの。
※おとづれ(1897)〈国木田独歩〉上「都の空は煤煙(バイエン)たなびき」 〔本草綱目‐水亀集解〕
[2] 長編小説。森田草平作。明治四二年(一九〇九)発表。作者の平塚らいてうとの心中未遂事件を題材に、自我意識の強い男女の苦悶に満ちた恋愛過程を描く。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煤煙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煤煙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.