Rakuten infoseek

辞書

煙火【エンカ】

デジタル大辞泉

えん‐か〔‐クワ〕【煙火】
煙と火。また、炊事の煙。
のろし。烽火(ほうか)。
花火。
「この水楼―を見しの夕べに始まる事を」〈芥川開化の殺人〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

えんか【煙火】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

えんか【煙火】
煙と火。
飯をたく火。炊煙。人煙。
のろし。烽火ほうか
花火。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

えん‐か ‥クヮ【煙火】
〘名〙
① けむりと火。〔日葡辞書(1603‐04)〕
② 飯をたくけむり。炊事のけむり。人煙。炊煙。
※文華秀麗集(818)中・題光上人山院〈錦部彦公〉「相談酌緑茗。煙火暮雲間」 〔列子‐楊朱〕
③ のろし。烽火(ほうか)
※律(718)衛禁「若応少烽而放多烽及遶烽二里内輙放煙火者、各徒一年」 〔漢書‐文帝紀〕
④ 花火。《季・夏》
※随筆・嬉遊笑覧(1830)一〇下「京難波には昔(むかし)より大なる花火はなかりしとみゆ。烟花はもと烽燧より起る」 〔朱熹‐按唐仲友第三状〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

煙火」の用語解説はコトバンクが提供しています。

煙火の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.