Rakuten infoseek

辞書

焼け【ヤケ】

デジタル大辞泉

やけ【焼け】
焼けること。焼けたもの。「丸焼け」「日焼け
日の出前と日没後に、空が赤く見えること。「朝焼け」「夕焼け
硫化鉱物、特に黄鉄鉱に富む鉱床の露出部分。黄鉄鉱が褐鉄鉱になって褐色または暗褐色を呈し、焼けたように見える。
(接尾語的に用いて)日焼けすること。また、日焼けの跡についてもいう。「ゴルフ焼け

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

岩石学辞典

焼け
硫化鉱物とくに黄鉄鉱に富む鉱床の露頭.この部分は褐鉄鉱が存在するため褐色または暗褐色となり,物が焼けたような外観を呈する.この語は英国コーンウォール地方語で,細胞状(cellular)の褐鉄鉱と脈石の酸化された露頭で,多くの鉱体の上に横たわるものをいう[Bateman : 1952].

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

やけ【焼け】
焼けること。また、焼けたように色の変わること、またそのもの。 「丸-」 「朝-」 「此前-の時なんぞは/洒落本・南門鼠」
黄鉄鉱などの硫化鉱物を含む鉱床の地上に露出した部分。酸化して暗褐色に焼けたように見える。
焼けて損傷した貨幣。額面どおりには通用しない。焼け金。 「 -をお前にあげるものかね/歌舞伎・小袖曽我」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焼け」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焼けの関連情報

他サービスで検索

「焼け」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.