Rakuten infoseek

辞書

然然【ササ】

デジタル大辞泉

さ‐さ【然】
[副]《副詞「さ」を重ねた語》しかじか。具体的な叙述を省略するときに用いる。
「―の所よりなりけりと聞き給ひて」〈かげろふ・中〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しか‐じか【然】
《古くは「しかしか」か》
[副](「云云」とも書く)繰り返して言わないとき、わかりきったことをいちいち言わないとき、または必要のないことなので省略するときなどに、その代わりに用いる。かようかよう。かくかく。うんぬん。「彼はこれこれ然然の理由で出席できないという」
[感]あいづちを打つときに用いる語。そのとおり。そうそう。
「―、いと興あることなり」〈大鏡

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ささ【然然】
これこれ。しかじか。 -の所よりなりけりと聞き給ひて/蜻蛉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しかしか【然然】
しかを重ねた語
そうそう。そのとおり。 -、さはべりし事也/大鏡

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

さ‐さ【然然】
〙 (副詞「さ」の重なったもの)
① 同意を表わす。そうそう。さようさよう。
※宇津保(970‐999頃)俊蔭「『これはなににすべき物ぞ』とて見すれば『ささ、これしていとようつかうまつるべかめり』」
② 具体的な叙述を省略し、内容の存することだけを形式的に指示する。しかじか。
蜻蛉(974頃)下「今はかたちをもことになしてむとてなん、ささのところに月ごろはものせらるる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そう‐そう さうさう【然然】
[1] 〘副〙
① 「そう」を重ねて、繰り返し、または継続を表わす。そんなにそんなに。そのようにずっと。
※天草本伊曾保(1593)パストルの事「カイソダツル ヒツジヲ コロイテ イノチヲ ツイダ。Sǒsǒ(サウサウ) スルホドニ、ヤウヤウ ヒツジヲモ コトゴトク クイツクシ」
② (あとに打消の語を伴って) それほどに。そんなに。「そんなにいつまでも」「そんなにたびたび」の意で使われることが多い。
※浄瑠璃・生玉心中(1715か)上「そうそうは見ていられず」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「それんばかぢゃ足らないから一円呉れろと云ふんですよ。(サ)う然うは方図が無いと思って」
[2] 〘感動〙
① 今まで忘れていたことを思い出した時に用いる語。
※めぐりあひ(1888‐89)〈二葉亭四迷訳〉二「待て頂戴よ! たしか、参りました。さうさう、参りましたとも」
② 相手のことばに同意する気持を表わす語。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「知らんと云った事のない先生が、さうさうあすこは実に名文だといった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

然然」の用語解説はコトバンクが提供しています。

然然の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.