Rakuten infoseek

辞書

然有べし【さるべし】

精選版 日本国語大辞典

さる【然有】 べし
(「さるべき」の形で連体詞的に用いることが多い)
① 適当である。ちょうどよい。相応である。
※大和(947‐957頃)五八「まだいと若くなむある。いまさるべからむ折にをといひければ」
※宇治拾遺(1221頃)九「さらば、まかりて、さるべきさまにて参らん」
② そうなるのが当然である。そうあるはずである。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「いかではつかに見むと思へど、さるべき折もなし」
③ そうなる因縁である。そうなる運命である。
※源氏(1001‐14頃)賢木「めざましげに、もてなされにしかば、安からず思ひ給へしかど、さるべきにこそはとて、世に、けがれたりともおぼし捨つまじきを頼みにて」
④ 立派である。相当である。れっきとしている。
※枕(10C終)九五「受領などの家に、さるべき所の下部(しもべ)などの来て」
⑤ しかじかである。
※蜻蛉(974頃)上「たのみつる人の、かうのみなど、思ひみだるれば、しばしばとぶらふ。さるべきやうありて、雲林院に候し人なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

さる‐べし【然有べし】

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

然有べし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

然有べしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.