Rakuten infoseek

辞書

然し【シカシ】

デジタル大辞泉

しか‐し【然し/併し】
[接]《「しかしながら」の略かという》
今まで述べてきた事柄を受けて、それと相反することを述べるときに用いる。そうではあるが。けれども。「こんなことは言いたくない。―立場上言わなければならない」
今まで述べてきた事柄を受けて、話題を転じるときに用いる。それはともかく。それはそれとして。「よく思い切って会社をやめたね。―これからどうするつもりなの」
感情をこめて言いはじめるときに用いる。それにしても。なんとまあ。「―よくこんなりっぱなを建てたものだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しかっ‐し【然し】
連語〙 (動詞「しかり(然有)」の連用形に、過去の助動詞「き」の連体形「し」のついた「しかりし」の変化した語) そうであった。しかし。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しか‐し【然し】
〘連語〙 (「しかっし」の促音「っ」の無表記か) =しかっし

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

然し」の用語解説はコトバンクが提供しています。

然しの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.