Rakuten infoseek

辞書

焦点【しょうてん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

焦点
しょうてん
focal point; focus
レンズ球面鏡のような回転対称の光学結像系の光軸平行に入射した光線束が,屈折または反射後に,光軸上の1点に集る点。逆に,この点から出た発散光線束光学系を通過したのち光軸に平行に進む。前者を像空間焦点,後者を物空間焦点と呼んで区別することもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焦点
しょうてん
focus
二次曲線は,定点への距離と定直線への距離の比が一定ということで特徴づけられる。この定点を焦点,定直線を準線という。楕円においては,2つの焦点から楕円上の点への距離の和が一定,双曲線においては,2つの焦点から双曲線上の点への距離の差が一定になる。また楕円の焦点から発した光が楕円に反射するともう1つの焦点を通り,放物線の場合は焦点から発した光は反射すると軸に平行になり,双曲線の場合は他の焦点から発したように散乱する。射影幾何では無限遠直線上の虚の2点 (虚円点) を通る接線の交点を考えることができ,この場合は実の焦点が2つと虚の焦点が2つあることになる。放物線は,実の焦点2つのうちの一方が無限遠にいった場合にあたる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しょう‐てん〔セウ‐〕【焦点】
レンズ球面鏡で、光軸に平行な入射光線が集中する一点。または入射光線が発散する場合、発散の原点と考えられる点。太陽の光を凸レンズで集めると、この点に置いた黒い紙が焦げるところからいう。
楕円双曲線放物線を、定点定直線からの比が一定である点の軌跡として位置づけるときの、定点。
人々の注意や関心の集まるところ。また、物事のいちばん重要な点。「話の焦点を絞る」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょうてん【焦点 focus】
(1)光学系の焦点。無限遠にある物体がレンズ,あるいは球面鏡によって結像する平面を焦点面と呼び,その光軸との交点を焦点という。像点のことを焦点という場合もある。厳密には近軸光に対して定義されるもので,光軸に平行に入射した光線束が光学系を通過後,軸上の1点F′で交わったとき,F′を像側焦点,一方,像空間から平行光を入射させたとき物体側で収束する点Fを物体側焦点という。 焦点距離focal lengthとは焦点と主点の距離をいい,ふつう焦点から見て主点の方向が光線の方向と一致するときを正とする。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しょうてん【焦点】
鏡・レンズなどで、光軸に平行な光線が反射あるいは屈折して集まる一点。また、そこから出た光線が鏡やレンズを通ったあと光軸に平行に進むような一点。
〘数〙 円錐曲線を作る基本となる定点。円錐曲線は焦点と定直線(準線)からの距離の比が一定な点全体の集合。
人々の関心や注意が集まるところ。また、物事の中心となるところ。 「 -の定まらない議論」
将棋で、二つ以上の駒が利いている点。 〔オランダ語 brandpunt を brand (燃える)と punt (点)とに分け、漢字をあてた訳。「英和対訳袖珍辞書」(1862年)には focus の訳語として「焼点」が載る。「焦点」の表記は明治中期に定着したと考えられる〕
[句項目] 焦点を絞る

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

焦点
しょうてん
focus
光学系の光軸に平行に入射した光線が光軸上の1点に集まり、または光軸上の1点から出た光線が光学系を通過したのちに光軸に平行に進むとき、これらの光軸上の点のことを焦点という。前者を像空間焦点または後側(こうそく)焦点といい、後者を物(ぶつ)空間焦点または前側(ぜんそく)焦点という。主点から焦点までの距離を焦点距離といい、光学系の性能を表す重要な量である。太陽の光を凸レンズに当てると、レンズを通過した光は焦点に集まり、この点に黒紙を置くと煙が生じ、場合によっては燃え始めるところから、焦点という名が生じた。球面鏡では二つの焦点は一致し、鏡面の頂点と曲率中心とのちょうど中間に存在する。凸面鏡の場合には、曲率中心が鏡の後方にあるため、焦点も鏡の後方にある。レンズ系の場合には、二つの焦点は一致せず、凸レンズの場合にはその名のとおり、前側焦点はレンズの前側、後側焦点はレンズの後側に存在するが、凹レンズでは反対になる。薄レンズの場合には、二つの主点はレンズの中心に一致するから、焦点距離はレンズの中心から焦点までの距離ということになる。なお、一般に像点のことを焦点(フォーカス)ということがあるが、これは無限遠点に対する像点が焦点であることから転じた用語法と思われ、厳密な意味での焦点と混同しないことが必要である。[三宅和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

焦点」の用語解説はコトバンクが提供しています。

焦点の関連情報

他サービスで検索

「焦点」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.