Rakuten infoseek

辞書

無道/不道【ブドウ】

デジタル大辞泉

ぶ‐どう〔‐ダウ〕【無道/不道】
[名・形動]《「ぶとう」とも。「不道」の場合は「ふどう」とも》
人の道にはずれること。また、そのさま。非道。「悪逆―」
「欲心に義を忘れたる五大院右衛門が心の程、希有(けう)なり、―なりと」〈太平記・一一〉
見苦しいこと。また、そのさま。
「憎らしい―な形(なり)で、遠慮会釈もなう」〈浄・大経師
律の八虐の一。残殺人、近親者に対する殺人などの罪。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

む‐どう〔‐ダウ〕【無道】
[名・形動]行いが人の道にそむいていること。道理にはずれていること。また、そのさま。非道。「目に余る無道な仕打ち」「悪逆無道

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

むどう【無道】
( 名 ・形動 ) [文] ナリ 
道理に合わないこと。人の道にそむいたひどいおこないをすること。また、そのさま。非道。ぶどう。 「悪逆-」 「 -な振る舞い」 「不忠だとか大逆-だとか/一隅より 晶子
[派生] -さ ( 名 )

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

む‐どう ‥ダウ【無道】
〘名〙 (形動) 考え、行動などが道理にはずれていること。人の道にそむいた暴悪非道なふるまいをすること。また、そのさま。ぶどう。
※経国集(827)二・同春太詠鬼之什〈石川広主〉「論有形無形、言無道有奇
※落窪(10C後)三「衛門督のむどうなるやうなれども」 〔論語‐衛霊公〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無道/不道」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無道/不道の関連情報

他サービスで検索

「無道/不道」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.