Rakuten infoseek

辞書

無能力者【ムノウリョクシャ】

デジタル大辞泉

むのうりょく‐しゃ【無能力者】
能力のない者。何もできない人。
民法上、単独では完全な法律行為のできない未成年者禁治産者準禁治産者をいった。平成12年(2000)民法の改正により、制限行為能力者に改められた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むのうりょくしゃ【無能力者】
日本民法上で単に〈無能力者〉というときは行為能力のない者をさし(例外として,民法714条には〈責任無能力者〉についての規定がある),未成年者禁治産者準禁治産者の3者を含む。第2次大戦後に民法が改正されるまでは,家族秩序維持のため妻も無能力者とされていたが,これは両性の本質的平等に反するので廃止された。そこで今日では,この制度の目的が,継続して意思能力の不完全なものを財産取引上で保護する点にのみあることが明確になっている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むのうりょくしゃ【無能力者】
物事をする能力のない人。
単独で完全な法律行為をすることができない者。民法上、未成年者・成年被後見人・被保佐人がこれにあたる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無能力者
むのうりょくしゃ
1999年(平成11)の民法改正(2000年4月1日施行)で導入された制限能力者制度(成年後見制度)の前に設けられていた行為無能力者制度(禁治産・準禁治産制度)の下で、単独で完全な法律行為をなしえない者をさす。新制度導入に伴い、差別的な印象を与えるとして「制限能力者」に改められ、さらに2004年には「制限行為能力者」に改められた。[淡路剛久]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むのうりょく‐しゃ【無能力者】
〘名〙
① 物事をなす能力のない人。無能者。
※嚼氷冷語(1899)〈内田魯庵〉「近来文学は衰頽の極に達し所謂文学者は成存の権すらなき無能力者(ムノウリョクシャ)となった」
② 民法上、単独で完全な法律行為をすることのできない者。未成年者・成年被後見人・被保佐人がこれにあたり、民法は、親権者・後見人・保佐人をつけて保護している。以前は妻も無能力者とされていたが、昭和二二年(一九四七)の改正で能力者とされた。行為無能力者。〔仏和法律字彙(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無能力者
むのうりょくしゃ
行為能力」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無能力者」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無能力者の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.