Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

無機化合物【むきかごうぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無機化合物
むきかごうぶつ
inorganic compound
有機化合物を除くすべての化合物のこと。言い換えれば,炭素を含まない化合物と,炭酸塩のような簡単な炭素化合物総称である。しかし無機化合物に含める炭素化合物の範囲は必ずしも厳密なものではない。シアン,チオシアン酸塩,二硫化炭素などは有機,無機化合物のいずれにも属すると考えられる。無機化合物の分子原子団は小さいものが多いが,ケイ酸リン酸とするポリ酸では,巨大な高分子を形成するものもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むき‐かごうぶつ〔‐クワガフブツ〕【無機化合物】
炭素を含まない化合物、および簡単な炭素化合物の酸化物シアン化物炭酸塩などの総称。⇔有機化合物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むきかごうぶつ【無機化合物 inorganic compound】
一般に有機化合物と呼ばれるものを除いたすべての化合物をいう。すなわち,簡単な炭素化合物ならびに炭素以外のすべての元素の組合せになる化合物をいう。無機化合物のなかに含まれる炭素化合物としては,簡単な酸化物(CO,CO2,C3O2など),シアンおよびシアン化物((CN)2,HCN,KCNなど),シアノ錯塩(K4Fe(CN)6など),チオシアン酸塩(HNCS,NaSCNなど),炭酸塩(K2CO3,NaHCO3など)がある。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むきかごうぶつ【無機化合物】
炭素以外の元素の化合物、および一酸化炭素・二酸化炭素・炭酸塩などの簡単な炭素化合物の総称。 ⇔ 有機化合物

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無機化合物
むきかごうぶつ
inorganic compound
有機化合物以外の化合物をいう。すなわち、炭素以外の元素だけからなる化合物、および炭素の化合物でも比較的簡単なものの総称。炭素の化合物は一般に有機化合物に分類されるが、そのなかでは比較的簡単な化合物、たとえば酸化物の一酸化炭素CO、二酸化炭素CO2、二酸化三炭素C3O2など、シアン(CN)2やシアン化カリウムKCNなどのシアン化物、シアノ錯塩K4[Fe(CN)6],K3[Fe(CN)6]など、チオシアン酸塩NaSCN,NH4SCN、炭酸塩K2CO3,KHCO3,Na2CO3などがそうで、これらは無機化合物として取り扱われるのが普通である。ただ、たとえばシュウ酸塩Na2C2O4,K2C2O4や、酢酸塩CH3COONaなどのように、どちらにも分類されるようなものもあって、区別がむずかしいこともある。また四塩化炭素CCl4や二硫化炭素CS2のように簡単な化合物でも、その性質が有機化合物的であるものは有機化合物に分類されることもあり、その区別は厳密なものではない。また有機金属化合物については、これらをどちらに分類するかというよりは、無機化合物と有機化合物とは独立した第三の領域の分類としたほうがよいと考えられてきている。[中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むき‐かごうぶつ ‥クヮガフブツ【無機化合物】
〘名〙 炭素以外のすべての元素の化合物と炭素の酸化物・硫化物・炭酸塩・シアン化物の総称。有機化合物に対する語。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

無機化合物
ムキカゴウブツ
inorganic compound

有機化合物以外のすべての化合物の総称.有機化合物は炭素の化合物とされているが,少数の簡単な炭素化合物,すなわち,CO,CO2,炭酸塩,C2N2,MCN,MSCNなどは慣用上無機化合物に含めて扱うことが多い.有機化合物は主として共有結合性の分子であるのに対し,無機化合物は成分元素の種類が多いので化合物のタイプも多様である.非金属元素相互の化合物は共有結合性の分子が多い.金属元素と非金属元素との化合物はイオン結合性が強い.また,金属間化合物は金属結合性である.そのほか,無機化合物には,金属錯体高次化合物,無機高分子化合物などが含まれる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無機化合物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無機化合物の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.