Rakuten infoseek

辞書

無定形炭素【ムテイケイタンソ】

デジタル大辞泉

むていけい‐たんそ【無定形炭素】
炭素同素体の一。はっきりした結晶状態を示さない素。木炭・すす・コークスなど。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むていけいたんそ【無定形炭素】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むていけいたんそ【無定形炭素】
ダイヤモンド・黒鉛以外の、はっきりした結晶状態を示さない炭素の総称。実際には、黒鉛の微細な結晶の集まりであるものも多い。石炭・木炭・すすなど。吸着剤・充塡剤じゆうてんざい・印刷用インク・顔料などに用いる。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無定形炭素
むていけいたんそ
amorphous carbon
炭素の同素体のうち、はっきりした結晶状態を示さないもの。ダイヤモンド、石墨(せきぼく)(黒鉛)以外の天然に産する炭素およびコークス、木炭、獣炭、煤(すす)などがこれにあたる。厳密には無定形でなく黒鉛の微細結晶の集合体であり、またフラーレンやカーボンナノチューブなどが含まれることもある。霧状の油またはアセチレンなどを1300℃以上で熱分解させると、カーボンブラックと総称される炭素材料が得られる。原料や熱分解の方法によって粒子の大きさや構造が異なるが、平均直径20~30Å(Åはオングストローム、10-10メートル)の黒鉛様平面分子が、層状または鎖状に複雑に集まったものといわれている。多少不純物を含むことが多いが、普通、黒色の粒状または粉末固体。微結晶の集まりなので表面積が広く、気体、液体、塩類などをよく吸着する。黒鉛より化学的反応性は高い。高温に熱すると徐々に黒鉛化する。化学的処理によりとくに吸着能を高めた活性炭は、食品類の脱色・脱臭、医薬品の精製、不純物の除去、触媒などに広く用いられる。カーボンブラックは、自動車タイヤなどゴムの増強剤として大量に用いられるほか、塗料、印刷インキ、顔料などに用いられる。電極、坩堝(るつぼ)などに用いられるものも無定形炭素である。[守永健一・中原勝儼]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むていけい‐たんそ【無定形炭素】
〘名〙 炭素の同素体のうち、はっきりした結晶状態を示さないものの総称。木炭、カーボンブラックなど、ダイヤモンド・石墨以外の炭素がこれに属する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

無定形炭素
ムテイケイタンソ
amorphous carbon

炭素の同素体の一つ.はっきりした結晶状態を示さないものの総称.黒鉛,ダイヤモンド以外の自然界の炭素,木炭,獣炭,すす,ガスカーボンなどが含まれる.IUPACの定義に従えば,原子配置が短距離規則性のみで長距離規則性をもたず,原子間距離,結合角にグラファイト格子,ダイヤモンド格子からのずれがあるものとされるので,カーボン,ナノチューブやフラーレンは含まれない.完全に無定形ではなく,ランダムに配列した黒鉛の微小結晶の集合体である.製法,そのほかによっても結晶の大きさが異なる.不純物を含むことも多い.同素体のなかではもっとも安定度が劣り,発火温度も約350 ℃ で一番低い.黒色不透明で,密度も黒鉛より小さい.表面積が大きく吸着剤として重要である.微粒子のカーボンブラックはゴム充填剤,印刷用インキ,顔料などに用いられる.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無定形炭素」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無定形炭素の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.