Rakuten infoseek

辞書

無垢の歌【むくのうた】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無垢の歌
むくのうた
Songs of Innocence
イギリスの詩人 W.ブレークの詩集。 1789~90年,序詩と 18編の抒情詩を集め,銅版に彫版,彩色して発表したもの。子供や親たちに広く親しまれてきた I.ウォッツの『子供のための賛美歌集』 (1715) の系統をひく一種の呼び売り本であるが,独特な印行の方法,美しく彩色された挿絵,詩のすぐれた価値によって,類書をはるかに凌駕するものとなった。無垢な子供の生れながらの自由と歓喜がうたい上げられ,同時にその自由と歓喜をそこなう現実に向けられた作者の怒りが行間に感じられる。この怒りは姉妹編の『経験の歌』で明瞭になる。 94年,両詩集は『無垢と経験の歌』として1冊にまとめられた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むくのうた【無垢の歌】
《原題Songs of Innocenceブレークによる詩画集。1789年に22部が刷られ、のち1794年に「経験の歌」を加えた合本「無垢と経験の歌」として27部が刷られたと考えられている。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無垢の歌
むくのうた
Songs of Innocence
イギリスの詩人ウィリアム・ブレイクの詩画集。1789年までに各詩編とも彫版印刷と彩色を終えて同年出版されたが、活字本と違い、各本で手製本特有の彩色むらや、作品数や配列に異同がある。全体として、イギリスの牧師で賛美歌作家であるI・ワッツIssac Watts(1674―1748)の『子供のための聖歌集』の流れをくみ、単純で力強いリズムにのせて無垢の童心をキリスト像と重ね合わせて歌っているが、前半の明朗な調べに対して後半には「夜」「迷える少女」のような不安と神秘をはらんだ暗い歌がある。[土岐恒二]
『土居光知訳『無心の歌・天国と地獄との結婚・経験の歌』(『世界名詩大成9』所収・1959・平凡社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無垢の歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無垢の歌の関連情報

他サービスで検索

「無垢の歌」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.