Rakuten infoseek

辞書

無体物【むたいぶつ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

無体物
むたいぶつ
有体物以外のもの(→)。産業活動や文化活動における人間の精神的な創作物(文芸,学術,美術,音楽,発明,考案,意匠など),産業活動における識別標識(商号商標など),事業活動に有用な技術上・営業上の情報(営業秘密ノーハウ)は,無体財産権客体となる(→工業所有権著作権知的財産権)。今日の情報社会において,無体物は重要な財物として意識され,その概念も広がりをみせている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

むたい‐ぶつ【無体物】
法律で、音響・香気・電気・熱・光などのように、有形的存在でないもの。⇔有体物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

むたいぶつ【無体物】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

むたいぶつ【無体物】
電気・熱・光などのように、有形的存在でないもの。民法でいう「物(有体物)」以外のもの。 → もの

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

無体物
むたいぶつ
民法上は物とは有体物をいうとされているが(85条)、権利、発明、著作なども財産的価値を有し取引の対象となりうるので一般に無体物とよんでいる。旧民法はフランス民法に倣い、物権、人権、無体財産権等を無体物としていた。[伊藤高義]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

むたい‐ぶつ【無体物】
〘名〙 法律で、音・電気・熱・光などのように、有形的な存在をもっていないものをいう。〔新聞語辞典(1933)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

無体物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

無体物の関連情報

他サービスで検索

「無体物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.