Rakuten infoseek

辞書

烏龍茶のじょうずな入れ方【うーろんちゃのじょうずないれかた】

食の医学館

うーろんちゃのじょうずないれかた【烏龍茶のじょうずな入れ方】
(1)小さめの急須(きゅうす)と湯飲みを用意し、熱湯で両方をあたためる。
(2)急須があたたまったらお湯を捨て、茶葉をタップリ入れる。
(3)急須をボウルなどの大きめの容器に入れてから、急須の中の茶葉に熱湯をなみなみと注ぐ。
(4)フタをした急須の上からも、熱湯をたっぷり注ぎかけて蒸(む)らす。1煎めは蒸らし時間を1~2分とし、2煎め、3煎めと、すすむごとに30秒ずつ長くしていく。
(5)蒸らしがすんだお茶を、いったん湯飲みに注ぎ、そのお茶を別の湯飲みに移す。空になった湯飲みの香りをかぐと、烏龍茶本来の芳香がよくわかるはず。また、お茶は最後の一滴まで、きれいに絞るのがコツ。
 こうして入れた烏龍茶からは、市販のものとはくらべものにならないほどすばらしい風味が味わえます。ぜひ、一度お試しください。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

烏龍茶のじょうずな入れ方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏龍茶のじょうずな入れ方の関連情報

他サービスで検索

「烏龍茶のじょうずな入れ方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.