Rakuten infoseek

辞書

烏山【からすやま】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

烏山
からすやま
栃木県東部,那須烏山市東部の旧町域。八溝山地の南西斜面,那珂川流域にある。1889年町制。1954年境村,七合村,向田村の 3村と合体。2005年南那須町と合体して那須烏山市となった。中心地区の烏山は河岸段丘上にあり,近世烏山藩城下町。明治以降はこの地方の商業町となった。機械,繊維,木工などの工業があり,和紙特産。周辺ではタバコが栽培される。烏山の山あげ行事(→山あげ祭)は国の重要無形民俗文化財に指定されており,2016年に「山・鉾・屋台行事」の一つとして国際連合教育科学文化機関 UNESCO世界無形遺産に登録された。一部は那珂川県立自然公園に属する。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

からすやま【烏山】
東京都世田谷区北西部の住宅地区の寺町。関東大震災後都心から寺院が移転。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

烏山
からすやま
栃木県中東部、那須郡(なすぐん)にあった旧町名(烏山町(まち))。現在は那須烏山市(なすからすやまし)の東部を占める地域。東部は茨城県と境を接する。旧烏山町は1889年(明治22)町制施行。1954年(昭和29)境、向田(むかだ)、七合(ななごう)の3村と合併。2005年(平成17)那須郡南那須町(みなみなすまち)と合併して市制施行、那須烏山市となった。JR烏山線の終点。国道294号が走る。旧町域の中心烏山は那珂(なか)川西岸に発達した河岸段丘上にあり、中世は那須氏、近世は烏山藩の城下町として栄え、現在もその名残(なごり)をとどめている。産業の中心は農業で、米作は那珂川沿岸低地と、東部の八溝(やみぞ)山地、西部の塩那(えんな)丘陵を刻む荒川、江(え)川などの谷底平野において行われる。また、近世から葉タバコ栽培も盛んであったが、近年はナシ、ウメなどの果樹栽培や畜産が増加している。近代的工業の発展は遅れているが、伝統的和紙作り(烏山和紙)が残っている。南部は那珂川県立自然公園になっている。八雲神社の山あげ祭は国指定重要無形民俗文化財。那須氏の菩提寺(ぼだいじ)天性(てんしょう)寺、烏山藩主大久保氏の菩提寺太平寺や竜門ノ滝がある。[櫻井明久]
『加倉井健蔵著『烏山風土記』(1966・新生社) ▽『烏山町史』(1978・烏山町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

からすやま【烏山】
[一] 栃木県東部、那珂川中流西岸の地名。烏山藩の置かれた那須氏の城下町。特産物に和紙、タバコがある。
[二] 東京都世田谷区の地名。京王線が通じる住宅地。北部には、関東大震災後、都心から二七寺が移転して形成した寺町がある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

烏山」の用語解説はコトバンクが提供しています。

烏山の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.