Rakuten infoseek

辞書

為替会社【かわせかいしゃ】

世界大百科事典 第2版

かわせかいしゃ【為替会社】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

為替会社
かわせがいしゃ
1869年(明治2)明治政府の殖産興業政策推進を目的に通商司(勧商、産業政策担当の政府機関)の監督下に通商会社とともに設立された、日本最初の株式会社。その任務として、幣制整備、民間融資とあわせて商業、貿易を担う通商会社に信用を与えることが期待された。政府は三井、小野、島田などの富商に勧めて、東京、横浜、京都、大阪、神戸、大津、新潟、敦賀(つるが)の8か所に為替会社を設立させた。運用資金はこれら富商の出資した身元金(資本金)のほか、その一部を金準備として発行した紙幣、政府の貸下げ金(太政官札(だじょうかんさつ))であった。業務は紙幣発行、貸出のほか、預金、為替、両替などをも行ったが、政府の保護にもかかわらず営業は振るわず、1871年の通商司の廃止とともに衰え、翌72年の国立銀行条例の制定にあたり、第二国立銀行に転形した横浜為替会社を除いてすべて解散した。
 一般に為替会社は「バンクbank」の最初の訳語であるといわれ、日本最初の銀行とされる場合もあるが、預金業務は十分でなく、発行紙幣も厳密には信用貨幣には遠く、近代的銀行制度の先駆的形態にとどまるものであった。[岡田和喜]
『菅野和太郎著『日本会社企業発生史の研究』(1931・岩波書店/再版・1966・経済評論社) ▽新保博著『日本近代信用制度成立史論』(1968・有斐閣)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かわせ‐がいしゃ かはせグヮイシャ【為替会社】
〘名〙 明治政府の保護監督のもとに、明治二年(一八六九)に東京、大阪、京都など全国八か所に設立された金融機関。特権商人の出資からなり、通商会社への融資を行なった。わが国で最初の株式会社、銀行。第二国立銀行となった横浜為替会社を除いて、明治五年に解散。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

為替会社」の用語解説はコトバンクが提供しています。

為替会社の関連情報

関連キーワード

藩学一覧チャイコフスキー(Pyotr Il'ich Chaykovskiy)女性参政権ガルシア・モレノハドソン湾プティパ天塩国実業之日本ハイゼハウスホーファー

他サービスで検索

「為替会社」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.